皆さんは、子どもの発言で笑った経験はありますか?
今回は「お年玉を受け取って泣き出した息子」にまつわる物語とその感想を紹介します。

イラスト:暁谷

お正月に…

3歳の娘と6歳の息子と暮らす主人公。
事件はお正月、実家に帰省したときに起きました。

娘と息子にお年玉


出典:愛カツ
実家の両親が、娘と息子にそれぞれお年玉をくれました。
娘はポチ袋の中身を見て「やった!500円ありがとう!」と大喜び。

そして息子も「僕のは…」とポチ袋の中身を確認しましたが…。
小学校への入学祝も兼ねて2000円を受け取った息子は、突然大号泣したのです。

「なんで僕にはお金じゃなくて紙なの!?」と泣く息子。
幼稚園児の息子にとってのお金は硬貨で、お札は紙切れなのだと知った主人公は驚くのでした。

読者の感想

幼い息子が2000円のお年玉を見て泣き出したまさかの理由に笑ってしまいました。
妹である娘だけがお金をもらっていると勘違いしたなんて、可愛いですよね。
(30代/女性)

お札がただの紙だと思っている息子さんにほっこりしました。
幼いときは小銭の多さがお金の多さだと勘違いしていることもありますよね。
お金の価値をこの機会に身につけてほしいなと思いました。
(40代/女性)

※この記事はユーザーのエピソードをもとに作成しています。
※実際に募集した感想をもとに記事化しています。



(愛カツ編集部)