皆さんは、ママ友の行動に困った経験はありますか?
今回は小銭を借りるママ友のエピソードとその感想を紹介します。
イラスト:筝湖みう

自販機でジュースを買う

友人であっても、お金の貸し借りはしないと決めていた主人公。
今までも、友情にひびが入ることを恐れ、すべて断っていました。

ある日、保育園から帰る途中にある自動販売機で、子どもにジュースを買っていた主人公。
その日は暑かったため、偶然会ったママ友も子どもにジュースを買おうとしたのですが…。

小銭を持っていないママ友


出典:愛カツ
ママ友は小銭を持っていなかったようで…。
主人公に「今度返すから貸して?」と言ってきました。

ママ友の子どもがかわいそうに思えた主人公は、ついお金を貸してしまいます。
しかしそれ以降、会うたびに「今度まとめて返すわね」と言って、主人公から小銭を借りるようになったママ友。

一度貸してしまった主人公は断れず、毎回貸してしまうようになりました。
ママ友はさまざまな言い訳をして、まったく返済してくれず…。

ママ友に小銭の件を言い出せない主人公は、途方に暮れてしまうのでした。

読者の感想

たとえ友人でもお金の貸し借りはあまりしないほうがいいですよね。
案の定、毎回小銭を借りるようになったママ友に驚愕しました。
ママ友に返してと言い出せない主人公に共感します。
(40代/女性)

借りたお金を返そうとしないママ友の気が知れません。
親切心で貸した主人公が気の毒だと思いました。
(50代/女性)

※この記事はユーザーのエピソードをもとに作成しています。
※実際に募集した感想をもとに記事化しています。



(愛カツ編集部)