皆さんは、恐ろしい体験をしたことはありますか?
今回は「祖母の家で寝ていたときのエピソード」と読者の感想を紹介します。
イラスト:梅星なみね

祖母の家で過ごす夜

主人公が小学3年生のときの話です。
祖母の家に泊まって寝ていると、外で誰かの叫ぶ声がします。

それだけでも不気味に思っていた主人公。
気がつくと、隣で寝ていた祖母の姿がありません。

リビングの電気がついていましたが、なぜ祖母がリビングにいるのか不思議に思います。
主人公がリビングに向かうと、何やら笑い声が聞こえてきました。

「おばあちゃんが起きてテレビでも観てるのかな?」と思った主人公ですが…。

恐ろしい光景が…


出典:愛カツ

リビングをのぞくと、笑いながら「南無阿弥陀仏」と唱える祖母の姿があったのです。
いつもと違う祖母の姿を見た主人公は、思わず恐怖を覚えたのでした。

読者の感想

祖母が隣で寝ていると思いきや、突然姿が見えないと不安になりますよね。
リビングで夜な夜な唱えていた祖母の姿に、小学生だった主人公も驚いたでしょう。
(20代/女性)

まず、寝ているときに誰かの叫び声が聞こえた時点で怖かったです。
祖母の行動を目撃してしまうと、祖母の家へ泊まりに行きたくないと思ってしまいます。
(40代/女性)

※この記事はユーザーのエピソードをもとに作成しています。
※実際に募集した感想をもとに記事化しています。



(愛カツ編集部)