皆さんは、義実家に挨拶に行った経験はありますか?
今回は根掘り葉掘り聞いてくる母親のエピソードとその感想を紹介します。
イラスト:たなご。

彼女の母親に挨拶

主人公は大学時代から付き合っている彼女にプロポーズをしました。
まだ一度も主人公の母親に会ったことがない主人公。

その後、結婚することが決まったため「お母さんに挨拶したいんだけどいいかな?」と彼女に聞きます。
彼女は「え…お母さんに?」と少し戸惑いながらも承諾してくれました。

彼女の実家を訪れた主人公は、緊張しながら結婚の挨拶をします。
彼女から何も聞いていなかった母親は「おめでたいわね〜!」と喜んでくれて…。

根掘り葉掘り聞く母親


出典:愛カツ
母親は「娘をよろしくお願いします」と2人の結婚を受け入れてくれました。
しかし「お仕事は?年収は?」と根掘り葉掘り聞いてくる母親に戸惑う主人公。

そんなことも気にせず、母親は「結婚式はどうするのかしら?」と聞いてきます。
すると、彼女は結婚式を挙げるかわからないと言い、驚く主人公。

さらに義母には「結婚式なんてお金の無駄」と言われてしまうのでした。

読者の感想

親が結婚を受け入れてくれると嬉しいですよね。
しかし初対面で年収についても触れてくる母親には驚きました。
さらに結婚式を挙げることがお金の無駄だという母親の考えに驚愕です。
(50代/女性)

結婚の挨拶をしたいと言ったときの彼女の反応が引っかかりました…。
もしかしたら、根掘り葉掘り聞いてくる母親と主人公を会わせたくなかったのかもしれませんね。
(20代/女性)

※この記事はユーザーのエピソードをもとに作成しています。
※実際に募集した感想をもとに記事化しています。



(愛カツ編集部)