皆さんは、思わぬ事件に巻き込まれた経験はありますか?
今回は「コンビニのトイレが使用禁止だった理由」にまつわる物語とその感想を紹介します。


イラスト:エトラちゃんは見た!

深夜のコンビニで…

深夜のコンビニでアルバイトをしていた主人公。
清掃のためトイレに入った同僚が、あるものを見つけて悲鳴を上げました。

主人公はすぐさま警察に通報して、トイレに使用禁止の張り紙をすることに…。
するとそこに「トイレ貸して…」と、1人の客が来店してきたのです。

まずいタイミング


出典:エトラちゃんは見た!
主人公は、まさかのタイミングでやってきた客に「まずい…」と顔面蒼白。
客はかなり急いでいる様子で、無理矢理トイレに入ろうとしますが…。

それでも主人公は「使用禁止になってるんです」と、頑なに断ります。
必死にトイレに入れさせない理由は、中に見回りに来た警察が忘れていった拳銃が置いてあったからなのでした。

読者の感想

拳銃なんて日常では見ないものを発見して、すぐさまトイレを使用禁止にできる決断力がすばらしいですね。
そんなタイミングでトイレを借りたくなってしまった客は、なんだか不憫でした。
(40代/女性)

まさかコンビニのトイレに拳銃が置いてあるとは、ゾッとしてしまいました。
すぐに警察に通報して、使用禁止にしたのは正しい判断だったと思います。
(20代/女性)

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点でのものになります。
※実際に募集した感想をもとに記事化しています。
※こちらのお話は体験談をもとに作成しています。



(愛カツ編集部)