gatag-00013693
2016.1.30

人生の選択の中でも、かなり頭を悩ませる上に使わせるであろう「結婚」。
誰もが失敗せず継続したいと考えていることでしょう。
今回は、人生のパートナーとして自分にフィットした人なのかを見直すポイントをご紹介していきたいと思います。

gatag-00013693

1:笑うポイントは一緒?

長い結婚生活ですから、喧嘩もすることもあるでしょう。
その際に、言葉より簡単に仲直りできる方法が、笑顔を共有することです。
喧嘩してしまっても思いがけない場面に思わず、一緒に笑ってしまうと、なんだか心のトゲがとれてとっさに許しあえることってありますよね。
笑いのポイントは同じなだけで、多少のいざこざは許しあえることができます。

 

2:恋心だけではなく尊敬の気持ちを抱けるか

なぜ恋人のミスや欠点を受け入れられるかというと、それは「恋心」という魔法が心を寛大に、時に不満や怒りの心を麻痺させてくれているからです。
しかし、恋心というのは、とても流動的でなかなか同じ量を持ち続けるのは難しいもの。

ですが、それと同様もしくはそれ以上に、相手を許容しなければならないのが結婚です。
その時に、恋心と同じ働きをしてくれるのが、「尊敬」です。
尊敬は感情的な要素より、思考的に相手を思うことで発生する感情なので、恋心よりしっかり感情が固定的で安定しています。
また、相手を尊敬するということは、自分の理想と思う憧れの気持ちでもありますので、憧れである要素を持つ相手と共に歩むということは、自分を成長させてくれることにもつながります。

 

3:時間とお金と空間の使い方

結婚したなら、多くの人がパートナーと共有することになるのが、この3つ。
そして多くの人にとって、この3つは全て限りのあるものであり、とても人生に大きく関わり合いをもつものです。
ですから、この重要な三つの要素の使い方が合わないと、多くの人は生活全体を苦痛と感じやすく、相手に対しての不満がたまりやすくなります。

 

4:相手といることに安らぎを感じることができるか

結婚することにより、パートナーとは時間・お金・空間だけではなく、喜び・悲しみ・怒りという感情と精神状態、そして時には、妊娠・病気・老いと互いの体の変化を理解し、支え合わなければなりません。
その様に、パートナーに支えてもらう時・支えてあげる時をむかえた時、相手への安らぎの心なしには、どちらも上手く行うことはできません。

恋愛の刺激的な時期から考えると、安らぎは相手への感情が薄くなることのように感じますが、安らぎは、相手がいることにより、安心し心を穏やかでいられるということです。
これは長い先まで、お互いをサポートしあう上で、とても重要なことです。

 

これはパートナーがあなたに対して求める部分でもあります。
ですから、パートナーを見ながら、自分自身もパートナーが結婚したいと思う人間になっていくのも、いいですね。