食べきれない量の”高級寿司”を頼んだ義母。挙句の果てに…「もういらなーい」「えぇ?」⇒相手が心を閉ざすNG行動

相手が心を閉ざすNG行動

一緒に過ごす時間は充実しているけれど、その後の進展が見られない。
そんな経験はありませんか?

あなたの振る舞いに、もしかすると改善点があるのかもしれません。
ここでは、次回のお誘いがこなくなるかもしれない、そんな“マナー上の失敗”を探ってみましょう。

場所選びを批判する

「僕が厳選したデートスポットを『ここはパス』とバッサリ切られたことがあります。思わず、彼女の性格を疑ってしまいました」(29歳男性)

相手はあなたが喜ぶ場所を見つけるために頑張っているはずです。
お店の雰囲気が思わずと違っても、感謝のことばを忘れずに伝えましょう。

ご馳走になった際の感謝を省く

「食事を奢っても、お礼の一言もなかったので、それ以降デートの誘いをやめました。『当たり前』と思われるのは心外です」(28歳男性)

たとえ自分が多くを払っていなくても、感謝の気持ちを示すひと言が、相手の印象を大きく変えることがあります。

贈り物やサービス、どんな場合でも、お礼を伝えることは大切です。