ママ友『子どもって…1人だよね?』クローゼットには【大量】の洋服!?⇒”異様な洋服の数”に違和感…

皆さんは、義家族の行動に困惑したことはありますか?
今回は義母からの贈り物が届くエピソードを紹介します。
イラスト:CHIHIRO

クローゼットの中の子ども服

主人公が家にママ友を招いていたときのことです。
ママ友に子ども服を貸す約束をしていた主人公。

しかし、ママ友は「子どもって1人だけだよね?」と不思議そうにしていました。
主人公は義母から子ども服を何着も贈られていて…。

クローゼットの中は子ども服でいっぱいだったのです。
自分で選びたいと思う主人公は、そのことを不満に思っていました。

すると義母から連絡が来て、内容を確認すると…。

言ったそばから…


出典:愛カツ

義母はまたもや子ども服を買ったようで…。
主人公は「…言ったそばからまた増える…」と呆れてしまいます。

贈り物を断るわけにもいかず、困り果てる主人公なのでした。

読者の感想

贈り物は嬉しいですが、クローゼットがパンパンになるほどだと困ってしまいますね。
自分の好みの服を着せたいときもあると思うので、義母にはほどほどにしてほしいですね。
(20代/女性)

義母としては親切心で贈っているのだと思いますし、主人公としては断りにくいですよね…。
子ども服に困らないのはうらやましいため、義母の優しさも素晴らしいなと思いました。
(30代/女性)

※この記事はユーザーのエピソードをもとに作成しています。
※実際に募集した感想をもとに記事化しています。



(愛カツ編集部)