クリスマスにバレンタイン……冬はイベントが続いたので焦って出会いを求めてみたけれど、イマイチしっくり来なくてなんだか疲れてしまった、なんて人も多いんじゃないでしょうか。実際、まわりが結婚していくので自分も急がなきゃ……と婚活している女性の中で、“本当に”結婚したい人って、どれくらいいるんでしょう?

今回は、新刊『本当は結婚したくないのだ症候群』でたくさんのアラサー女性を取材した作家/ライターの北条かやさんに、気になるアラサー女性たちの“ホンネ”を聞いちゃいます!

DSC_9578

なぜ結婚したくないのだろう

――『本当は結婚したくないのだ症候群』、読ませていただきました! タイトルからもうドキッとしちゃいますね。どうしてこういう切り口で書こうと思ったのでしょうか?

(北条)ありがとうございます。女性向けの恋愛や結婚の本って、自己啓発本やHOWTO本はたくさんあるんですけど、女性の実際の気持ちが書かれた本はほとんど無いと思ったのがスタートです。

それで編集者さんと企画を作り始めて、最初は「女性たちが“王子様”的なハイスペックな男性を求めているから結婚できないんだ」という論調だったんですが、実はそれだけでは無いんじゃないかと思い、色々なデータやインタビューを集めました。結果、「今の女性が考えている本当のところ」を書いた本になっています。

――データもたくさん掲載されていましたが、30代になると「結婚したいかわからない」人が急増するというのは驚きました! こういうのが「本当は結婚したくない」ということなんでしょうか?

(北条)“本当は”というところがミソなんですが、明確に「結婚したくないし、独身でバリバリ仕事してキャリアを積んでいきたい」という人はあまりいないんです。だいたいの人は、「理想の相手がいたら結婚したいけど見つかりそうもないし、かといって見つけるために一生懸命努力して、女磨きしたり、婚活したりするのも疲れてしまう」という心境なんです。それに加えて、「共働きだと家事の負担も増えるし、先輩のワーキングマザーは寝る間もなくて大変そうだし、そういう結婚には気が引ける」という感じ。結婚に、積極的な意味を見いだせないという人もいました。

――相手がどうこう、以前に結婚の環境が整っていない、ということですよね。

 

あなたの未来予想図

――インタビューでは多くの女性が結婚について、子育て、友だち、家族など様々なテーマについてそれぞれ違う意見を話していて、本当に色んな考え方があるんだなあ、と思いました。

(北条)そうなんです。アラサー世代で婚活しているいないに関わらず満遍なくお話を聞いたんですが、本当に同じアラサーでも多様だな、と思いました。

今、女性の生き方は広がっていて、結婚してもしなくても、子供がいてもいなくてもいいのに、みんなどこかで「結婚」の2文字に囚われていると思います。彼女たちを取材して「本当は結婚したくないのでは」と気づきました。本当に結婚したいのであれば行動しているはずなのに、それをしない、できないでいる。だったら、「無理に結婚しなくてもいい」と言いたいんです。

――どこかで、「結婚しなきゃいけない」と思っていたところはあるので、改めてそう言われるとなんだか少し気持ちが楽になります! どちらにせよ、自分でもっと自由に決めていい、ということですよね。

(北条)結婚したい人はすればいいし、「するな」って言いたいわけじゃないんです。結婚について決めかねている、迷っている人たちには、他のみんなの結婚観とか恋愛結婚の歴史とかを知ってもらって、「自分はこうなるのかな?」っていう未来予想図を描いてほしいですね。

DSC_9742

婚活疲れという言葉も最近よく聞きますが、婚活に限らずまわりとか色んなものに追い立てられて行動するのって本当に嫌ですよね。最近疲れちゃっている人は、一度ちょっとだけ足を止めて落ち着いてみて、そこからゆっくり自分のペースで頑張ってみてはいかがでしょうか。