今どきの恋人同士は、SNSやツイッター、スマートフォンの恋人専用アプリなどで繋がり合うものです。昔の歌には「会えない時間が愛育てるのさ」なんて歌詞がありましたが、平成の世では、会えない時間に繋がっていないと不安ばかりが募るのかもしれません。

でも、だからといって、片想いの相手をSNSで見つけてすぐに友達申請して良いのかというと……ちょっと微妙。空気を読んでマナーをわきまえないと、恋が成就するどころか、片想いは実らずに終わってしまう可能性があります。

今回は、好きな人がどういうタイプだと友達申請がOKなのか、詳しく見ていきたいと思います。

lgf01a201312050900

社交的で小さいことは気にしない男性

もともと友達が多く、普段から分け隔てなく周囲と付き合っている男性は、いきなり友達申請してもあまり気にしないでしょう。友達の友達、顔見知り程度でも友達申請を受け入れてくれるはずです。

また、そもそも顔が広いタイプは、人脈を広げることに喜びを見出したりもしますので、深い知り合いじゃなくても友達は多ければ多いほど良い、と考える傾向もあります。そのため、知らない人でもOKというケースもありますが、SNSでの接点を持ちたいと思うなら、繋がりやすいタイプだといえます。

 

内輪ネタが多い男性

日記の内容がマニアックな趣味の話題ばかりだとか、学生時代からの地元の友人しか友達として繋がっていないなどという場合、申請しても無視されたり拒否されたりするかもしれません。

SNSを限定した仲間との連絡・交流ツールとして使う人もいますので、そういうタイプとは直接つながらず、ひそかにチェックするくらいがちょうど良いでしょう。

コメントを残したり、メールを出したりするのも、できればやめた方が良さそうです。

 

異性の友達が多い男性

友達として繋がっているのが、明らかに女性ばかり。しかも、プロフィール写真がカワイイ自撮りの女子がズラリと並んでいる場合、その男性については、少し疑いの目を向けた方が良いかもしれません。SNSを健全なコミュニケーションや自分情報発信ツールとして使っておらず、ナンパサイト扱いしている可能性があります。

普段の生活では真面目で、品行方正に見えていても、ネット上では別人格。という人は少なくありません。少しでも「なんか、変だな」と感じたら、友達申請はしないで静かに様子を見てみましょう。

また、悲しくもSNSでナンパ行為を繰り返していることがわかったら、片想い自体の継続を見直した方が良いといえます。もしお付き合いができたとしても、つねに彼氏に対して浮気の心配をしなければならなくなるので……。早い段階で本性がわかって良かったと、気持ちを切り替えるべきでしょう。

 

SNSで好きな人を追うのは、現代の恋愛では当たり前のこと。相手の「今」をリアルタイムで把握できますし、その人の過去や人脈といった背景までも知ることができます。

ですから、友達申請してお互いの繋がりを自覚できれば、関係は一気に進むはずなのですが、見えない接点であるがゆえに慎重に見極めるべきでしょう。好きな人のタイプによっては、友達申請しない方が良い場合もありますので、その判断は見誤らないことが大事です。

また、ネット上での繋がり方によっても、片想いのゆくえは変わってくるはずです。(沙木貴咲/ライター)

(愛カツ編集部)

【Photo】Vive La Palestina

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

家族や友達にも相談してみたけど、この片思いをどうしていいか分からない…。

そんなときは心理カウンセラーなどの専門家に直接相談して解決してみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みを解決します。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから