運命の人を見分けるには女のカンを働かせる

運命の人とはつまり、最高の恋ができる相手であり、結婚相手であり、人生のパートナーだといえます。前世からの繋がりを持つ魂の恋人、なんて言い方をする人もいるようですが、結局のところ、「この人と結ばれれば幸せ決定!」という特別な存在なんですね。

また、そんな人と巡り会えたら、とにかく安心できますし、人生は一気に明るく楽しいものになるに違いありません。誰だって運命の人と結ばれたいでしょう。ええ、地球上にいる何億、何十億という途方もない数の異性の中から、たった一人を選び出せるのであれば。間違いなく運命の人を選別することは、まさに奇跡なのです。

けれど、女性であれば、その奇跡は意外と簡単に起こせるかもしれません。オンナならではの「勘」を頼りに、運命の人を見つけ出せるのです。

lgf01a201303212000

女性の使命とは?

最近では不妊が深刻な問題になってはいますが、生物学的観点から述べると、女性の使命とは「子どもを産むこと」です。男性には妊娠も出産もできず、種の保存の手助けはできても、赤ちゃんを産みだすことは女性にしかできません。

そして、女性が恋愛感情を抱く原点には、「この人の子どもがほしい」という本能的な欲求が必ず存在します。現代社会においては、子どもを作らないことを前提に結婚するカップルもいるでしょうが、夫となる男性を選ぶ段階で、女性は本能に刻まれた種の保存の使命を手掛かりにするのです。顕在意識では、「カッコいい」「頼りがいがあって、優しい」「この人となら、一生一緒にいたい」といった自覚を持つことになりますが、無意識では子どもを作るための最高のパートナーをキチンと嗅ぎ分けているでしょう。

 

「この人の子どもがほしい」

ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーが、ブラッド・ピットを生涯のパートナーに選んだ理由として、「この人の子どもがほしいと思ったから」と述べたのは、結構有名な話です。またそれこそが、女性だけが持つ、運命の人の見分け方なんですね。オンナとしての原始的欲求に素直に従えば、最高の恋人、そして夫選びに失敗しないといえます。

実際に、アンジェリーナ・ジョリーは結婚するまで、子どもにはほとんど興味がなかったといいます。ブラッド・ピットと出会い、女性として生まれた使命を気づかされて、「この人しかいない!」と確信したのでしょう。

そして、この夫婦が実子3人、養子3人というたくさんの子どもたちに囲まれ、大きな幸せに包まれていることは、世界の誰もが知る事実です。

 

大事なのは、直感!

ここで述べておきたいのは、実際に子どもを産むかどうかではなく、「この人の子どもがほしい」と思うかどうか。運命の人とは、人生のパートナーとして結婚することになるケースがほとんどですが、そこで重要なのは恋をする時のドキドキ感ではないのです。家族として一緒にいて安心できることが、幸せな結婚には何より大事でしょう。

そのため、出会った瞬間に恋に落ちるような超イケメンよりも、ぼんやりとでも「この人と夫婦になれたらいいな。そして、子どももいたら素敵な家族になれそうだな」と思える男性の方が、運命の人である可能性は高いのです。

 

運命の人と出会ってお付き合いすることになったけど、結局別れた……というケースはまずありません。「運命の人」とはつまり、結婚相手だと考えて間違いではないでしょう。

今どきは色々と条件を上げて、間違いのない結婚をしようとする人が増えていますが、最終的に頼るべきはやっぱり、本能的な感覚のようです。利害や建前をすべて取り払った時に、シンプルに求める相手こそが「運命の人」だといえます。

【Photo】Mark Whale