2017.12.5

あなたは猫を飼っていますか? もしくは周りに猫を飼っている女性はいるでしょうか? もしかしたらこれから猫を飼おうとしているかもしれません。

猫が大好きで大好きでしょうがない、猫に多くの愛情を注ぎこんでいる一人暮らしの女性は婚期が遅れる傾向にあります。それはなぜでしょうか? そこには猫を飼っている人にしか分からない事情があります。

この記事では、そんな人たちの婚期が遅れる理由を3つお教えします。

1:付き合いが悪くなる

動物ですのでもちろん食事が必要です。朝晩の2食だったり、人によっては3~4食に分けて与えている人もいるでしょう。なので仕事終わりに食事に誘われても、断らざるをえなかったり、途中で帰らなくてはならず、付き合いが悪くなります。

長時間家を空けることができないので、旅行なんてもってのほか。急な外泊もできませんので、男性に誘われて、例え行きたくても行けないのです。ペットシッターを雇うなどの方法もありますが、そこまでする人は少ないでしょう。

 

2:飼い猫が男性を気に入らないといけない

これは猫を飼っている人にしか分からないことです。彼氏が女性の家に遊びに行ったとき、飼い猫が彼氏を気にいるかどうかはとても大きなポイントです。結婚すれば一緒に生活する訳ですから無視できない問題でなのです。

実は猫も飼い主が別の男性に気を取られていると嫉妬します。それは女性の飼っている猫が雄だった場合、顕著に表れます。もしもこれから猫を飼うのであれば、彼氏との相性を考えて雌猫の方が良いかもしれません。

3:家にこもりがち

猫は犬と違って散歩が必要のない動物ですので、休日猫と遊んだり一緒の時間を楽しむと、必然的に家にこもりがちになります。それは女性の出会いのチャンスを大きく減らすことにつながります。

猫と一緒に外出するという方法もありますが、猫の中には外に出るのを怖がったりストレスを感じる場合があります。逆に男性を家に招くという方法もありますが、初対面の人にテリトリーを侵されることにストレスを感じる猫もいるので注意が必要です。

いかがでしたか? このような理由で猫好き女性は婚期が遅れてしまうのです。猫ではなく人間の子供と同じだと考え、男性と猫が共存できるよう女性が考えなければいけませんよ。(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)