別れの春、そして出会いの春・・・・・・心ときめく出会いに恵まれる人も多い季節、春。

そのまま素敵なお付き合いを続ける女性がいる反面、とんでもない男につかまってしまって悲しい思いをしたという体験談も!リアルな声から「こんな男に気を付けて!」なお話を今回はしていきます。

■1.彼女が出来た!と言いふらす浮気症の彼氏

「同じ学部だったことで出会い、共通の友達とみんなで花見に行くことに。その夜2人きりになって告白され付き合うことに。でも後日『俺彼女できた』と言いふらす彼の隣には別の女が・・・!堂々浮気ってどういうこと?」(20代女性/大学生)

彼女が出来た!と友人知人に紹介してくれるといのは、彼女として嬉しい限りですよね。自分の存在をオープンにしてくれるというのは、堂々と交際していいんだという自信につながります。

でも、まさかの展開!この男性はほかの女性を彼女だと言いふらしていたんだとか。彼女が出来たといいふらしている男性とお付き合いしている方は、その“彼女”が間違いなく自分かどうか確認しておきましょう。

■2.結婚を強調する超ヘビーな彼氏

「なにかケンカするたびにすぐに『こんなんで結婚できると思ってるの?』という彼氏。悪い人ではないんだけど、とにかく結婚を強調するんです。聞けばわたし以上に結婚願望が強い!先を見据えた付き合いはウレシイけど、なにかあるたびに結婚をチラつかせてくるのは重すぎます」(20代女性/企画営業)

結婚を前提としたお付き合いを・・・・・・と真剣な交際を始めるときに言う決まり文句ですが、あまりにそればかりだと毎日のお付き合いそのものに疲れてしまいそうです。

■3.どこで誰となにをしてるか・・・・・・報告必須の束縛彼氏

「同じ会社に就職して、意気投合して付き合うことになった彼。でも、友達と遊びにいくたびに『誰と行くの?なにしに行くの?どこに行くの?』との報告が必須なんです。これって束縛だよな・・・・・・と思いつつ、わたしのことを大事に思ってくれてるのかなと思うと無視も出来ないし。でも正直息苦しいです」(20代女性/会社員)

単に心配性の彼なのか、はたまた浮気を疑っているのか・・・・・・束縛彼氏のやり方に不満を覚える女性は多いです。

ちょっとした束縛なら可愛いし、愛されている感がありますが、行き過ぎた束縛はもはや監視レベル。

その付き合い方が当たり前になってしまう合えに、きちんと話し合うなりしたほうが良さそうです。

■4.彼の言いなりじゃなきゃダメ・・・俺様彼氏

「元々決断力があまりないわたし。でも、彼は自分の言うとおりにことを運ばないと気が済まないタイプなんです。なにがあっても自分のしたいことが絶対。わたしがしたいことを話しても、却下で・・・・・・つまらないからすぐ別れました」(20代女性/大学生)

「いつもリードしてくれる」のと、「彼が勝手に決めてしまう」のでは全然違います。恋愛はお互いに尊重してこそ。

あまりに自分中心な男性とは、お付き合いしていてもつまらないですよね。勘違いしている俺様彼氏とは、早々に関係を切りましょう。

■おわりに

出会いの春ですが、出会う相手によって運命が大きく左右されてしまうタイミングでもあります。

厄介な男性を掴んでしまわないよう、見極める目を養っていきましょう!(仮屋園ユイ/ライター)

(ハウコレ編集部)