鏡を見なくてもパッとできるいわゆる『ひとつ結び』。簡単だけど地味な感じに見えたり、明らかな手抜きに見られたり。

少し位置を変えるだけでイメージはがらりと変わります。手ぐしでも鏡無しでもできるちょっとした小技を使って、どんな時でもかわいく見せましょ♪

1枚目

若さを出したい時

結ぶ場所を耳よりも高い位置にすると、とたんに若々しくそして可愛く見えます。無意識に結ぶ時もここだけ気をつければ、オバサンっぽくは見えませんよ!

高い位置で結んで、毛先を無造作に巻きつけてピンで留めてお団子っぽくしたり、バナナクリップで留めてみたりとできるだけ直毛っぽさを出さないのがポイントです。

2枚目

大人っぽく見せたい時

耳よりも下に結ぶと大人っぽく見えます。巻いた髪の場合だと、結び目に髪をひとたば巻きつけてゴムを隠したりするととたんにお洒落に見えます。左右のどちらかの耳の下に寄せて結ぶのもエレガントな感じです。

くるりんぱがなくても、結び目をゆるくして髪の根元をふたつに割った隙間から結んだ毛先を通せば簡易くるりんぱができますよ。ちょっとしたアレンジがこなれ感を出します。

 

モテポイントはうなじにアリ!

昔からひとつ結びは、男性に好かれる髪型のひとつになっています。特に好まれるのはポニーテールですが、好かれる秘密はうなじにあるんです。

うなじはセクシーという意味もありますが、男性から見るととてもか細く見えて、自分よりも弱く見えるものを本能的に「守ってやりたい」思いに駆られるんだとか。たまに現れるうなじにドキッとするのもそのせいなのかも知れませんね。

3枚目

ゴムひとつでできるひとつ結びも、結ぶ位置で全然イメージが変わります。いつもと違う自分を見せるためにも、なりたいイメージを固めてから結ぶようにしましょうね。

(只野あさみ/ライター)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

自分を変えてモテるようになりたい!今の自分からどう変わればいいのか分からない!

そんなときは専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから