25才を過ぎると増えて来るのが結婚式のご招待!

友達や同僚がどんどん結婚していく度に焦りを感じてしまう女子も多いのではないでしょうか?「うらやまし~!」「くやし~!」と言っている場合ではございませんよ。結婚式は出会いのチャンスです!

次はあなたが招待する側になる為に、素敵な出会いをゲットしてしまいましょう!

という事で今回は「結婚式で出会いを掴む方法」をご紹介いたします。

1:披露宴ではテーブルにご挨拶

披露宴では二次会に参加しなさそうな親族・職場関係の人を優先的にご挨拶しましょう。

なぜ友人席ではなく親族? 職場関係? かというと、出席者当人だけではなく、その向こう側にいる男子に繋がるチャンスを作るためです。

うまく親戚のおじ様や会社の上司に気にいられれば、運命の男子を紹介してくれるかもしれませんからね! せっかくの機会ですから人脈を広げておきましょう。

 

2:二次会で一気に距離を縮める

披露宴で、さまざまな場所に出会いの種を植え終えた所で、ここからが本番です!

二次会は披露宴よりも話せる時間が多いのと、二次会のみ参加の男子も増えます。

結婚式には皆がお洒落をしてきますから、よっぽど見た目が華やかでない限り前に出て行かないと印象には残りません。ゲーム等に参加するもよし!話しかけにいくもよし!

どんどん積極性を出していきましょう!

 

3:二次会の幹事を率先してやる

二次会幹事はうまく行けば、当日だけでなく打ち合わせなどで結婚式前から何回か会うチャンスがあり新郎の友人と親しくなるには一番有効的です。

終了後には一緒に達成感を味わえますから一気に距離が縮まるでしょう!

また、幹事打ち上げもスケジューリングしてしまえば結婚式後にも会える機会を作る事が可能です。時間に余裕があるのであれば是非お勧めです。

 

いかがでしたか?

距離を縮めて連絡先を交換出来れば上出来ですが、それが無理でも「今度、新郎新婦と飲みに行こうよ」と軽い約束まで持っていければ、その後新婦に協力してもらって飲み会実現も可能です! ポイントは“今後のきっかけ”を作ることですね。(斎藤奈々子/ライター)

(愛カツ編集部)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

なかなか良い出会いがなくて彼氏ができない、好きになるような男性に今まで出会ったことがない、どこに出会いを探しに行けばいいの…。

そんなときは専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから