2017.2.17

手癖って、意味があると言われているみたいです。

たとえば、鼻の頭を触る癖がある人は自信家である……というような俗説だかホントのことだかよくわからない情報が流布していたりします。

さて今回は、彼女がほしい男子がいつも触っているものについて見ていきたいと思います。

お話は、夜ごと若い男子とたわむれているOL兼キャバ嬢のみなさんにお聞きしました。

さっそくご紹介しましょう!

12

1:髪の毛

「彼女がほしい男子って、髪の毛を絶えず触っている印象があります。毛先を立たせるとか、毛先のウエーブを気にしているとか……」(27歳・役員秘書)

テレビCMを見ていたら、モテたい男子の必須アイテムとして、ヘ●ジャムがある……という印象があるので、この証言には蓋然性があると思いますが、いかがでしょうか。

 

2:スマホ

「モテたい男子って、いつもスマホをいじっているように思います。わたしと話をしていてもピロピロとスマホが鳴って、ちゃちゃっと返信していたりしますもん」(24歳・モデル)

モテたくてもモテたくなくても、もうみんな電車の中などでスマホをいじっている時代ですが、モテたい男子はとくにスマホをいじくりまわしているのでしょうか?

マメじゃないとモテないという一般則からすれば、蓋然性のある証言ではないかと思います。

 

3:過ぎ去った過去の武勇伝

「モテたい男子って、過去の武勇伝をいつも話してきます。モテたい男子は記憶をいじくりまわしている。こういうことも言えるのではないでしょうか」(26歳・飲食)

若い男子はとくに、「喋らずとも全身から溢れてくる自信」のようなものがないので、過去に頼るしかないのかもしれません。

戦うことを諦めたおじさまたちも、過去の武勇伝をよく語るかと思います。

そういう意味では、若い男子は「おじさん的」と言えなくもないかと……。

 

4:エッチな妄想

「そんなにエッチな話を女子にしてどうするの? という男子って、結局モテたいのだろうと思います。モテたいと思っている男子がいじっているのは、じぶんのエッチな妄想です!」(25歳・受付)

男子ってひとり遊びがお上手ですからね。

 

いかがでしたか?

モテたい男子は、髪の毛をいじってみたり、(証言には出しませんでしたが)横のものをタテにしてみたり、なにかと手遊びが激しいご様子です。

ま、日本語で「手癖が悪い」といえば、それはろくでもないやつのことを意味するわけで、やっぱり、いろんな意味で手が美しい男子とつきあったほうが、なにかと無難かもしれません。

(ひとみしょう/ライター)