2016.4.30

ダイエット中なのに、ストレスによりやけ食いをしてしまって逆効果……なんてことはありませんか? ストレスを解消するには大切な、2つのルールがあります。

DB88_kuisugi15135631_TP_V

悪循環に陥っていませんか?

ご存知の通り、無理なダイエットは人間にとって大きなストレスになります。辛い食事制限による空腹、好きな物が食べられないイライラ、そしてヘトヘトになるまで行われるエクササイズ……世の中にあるダイエット法は基本的に、少なからずストレスを感じてしまうのです。

しかもストレスのはけ口は「過食」に向いてしまいがち。何故なら、食べることは最も身近なストレス解消法だからです。しかし、ダイエットが原因で太ってしまっては本末転倒どころか悪循環ですよね。既に悪循環に陥っているという方は、すぐに中止してください。

 

1.食べること以外を楽しむ

TSU98_scbb_TP_V

ストレスによるやけ食いを防止するためには、食べること以外でストレス発散をすることが重要になります。カラオケやスポーツなどを趣味にすれば、カロリー消費もできて一石二鳥です。

ただこの辺りは好みなので、まずはジャンルに囚われず、とにかく趣味を充実させましょう。ストレスをできるだけ溜めないようにし、早く寝ることも大切です。趣味が乏しいという方は楽しめることを探すところから始めましょう。

 

2.食べる量ではなく質を上げる

ダイエットによる食事制限が辛く、どうしても食べたいものがあるという場合は、量ではなく質を上げましょう。例えばケーキが大好きな方は、安いケーキをたくさん食べるのではなく、高級なケーキ屋で気に入った物を一つだけ選び、すてきな雰囲気の中でゆっくりと味わって食べてみましょう。

このように食べる量ではなく質を上げれば、少ない量で高い満足感を得ることができます。

TSU73_cakejyosi15143657_TP_V

2つのルールを守って過食防止

ダイエットをするとやけ食いに走ってしまうという方は、まずこの2つのルールを守ってください。そしてやはり、自分に合ったダイエット法を選ぶことが大切です。どんなに多くの人が成功したダイエットでも、自分に合っていなければストレスになります。「これは合わない」と思ったら止め、別の方法を探しましょう。

(水林ゆづる/ライター)