2017.12.29

結婚式って、出席するほうも幸せな気分になれるもの。でも、親しい人だけが集まる場ではないから、ふとした振る舞いで周囲が気まずくなるようなトラブルが起きることもあるんです。

誤解を呼ぶ号泣

「ある式で、新郎側の友人席に一人だけ女子がいました。異性の友人を結婚式に呼ぶ人も増えていますが、彼女は一人だけ女性だったこと、同じテーブルの人ともほとんど会話をしていないことででかえって目立っていて『友達かな?(まさか元カノじゃないよね)』という感じの視線を向ける人もチラホラ。

そして、式が進行して新郎新婦の幼少期~2人のなれそめをまとめた映像が流れると、なぜかその彼女が大号泣したんです。スクリーンに映る新郎新婦のラブラブの思い出ショットを見ながら号泣している女、新郎に未練のある元カノにしか見えませんでした。

結果としてはその子は新郎の幼なじみで、小さい時から知っている彼が可愛い奥さんと幸せになって私も嬉しい! と感極まっていただけらしいのですが、彼女が泣き出した時の周りの『マジかよ……』という困惑ムードは忘れられません」(26歳・メーカー)

誰も悪くない話なのですが、両家の親族や仕事関係の人も招待されているような式では、個人の気持ちのままに振る舞うと、新郎新婦にあらぬ誤解の目が向けられてしまうことも。席次への気遣いなど、招待する側ができる気遣いもありますが、他人の結婚式はオフィシャルな場です。感情をだだ漏れにするのはあまりよいことではないかもしれませんね。

 

友達をやめた日

「友達のお式で、ご祝儀を1万円しか包まなかった友人。会計を別の友人がしていて気づいたそう。会計のコに相談されて、アラサーでご祝儀1万円?? と驚きましたが、勘違いとかうっかりミスだと思い、理由は聞かないでおこうね……ということに。

また別の子は、ご祝儀1万円のコは人数の関係で式から呼べず、二次会の案内を送りました。欠席したいという返事に残念に思っていたら、「式から呼ぶほどの仲でもないのに、ドレスアップして時間使って二次会なんて面倒」と影で言われていたそう。

他人のお祝い事を、こんなに損得勘定で見ているんだ……と引いてしまい、私も結婚式に彼女を呼ぶと影でこういわれるのかと思い、疎遠にすることにしました」(29歳・事務)

陰口をよく言うコは「私のこともそう言ってるんだろうな……」と思われやすく、密かに距離を置かれるものですが、結婚式での態度にも同じ事が言えるかも。

招待されて出席すると返事をしたなら、その日は沢山お祝いしてあるべき。形だけ出席しながら影で文句を言ったり、ご祝儀をケチると、新郎新婦の悪口を言っているのと同じに受け止められかねません。

結婚式に呼ばれる側にも負担はありますが、お祝い事はおたがいさま。誰の目にも祝福していることがはっきり分かるくらい、大げさに祝うくらいの気持ちでいたほうがよいかも。

 

多くの人が集まる結婚式は、心も普段と違う動きをすることも。あくまで主役は新郎新婦だということを忘れず、記憶に残るステキな一日になるように振る舞うのも、ゲストのつとめかもしれませんね。(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)