2016.5.10

好きな人と二人きりになれることは、この上ない幸せです! 片思いの時間が長ければ、そのぶん嬉しさもひとしおでしょう。

けれど、そんな初デートで「間違い」をおかせば、好きな人と付き合える可能性はグンと下がってしまいます。うまくいけばそのまま恋人同士になれたのに、彼の恋心は高まるどころか、冷めてしまうかもしれないんですね。

というのも、男性は初めてのデートで、「女性が、自分が思っていたとおりの人かどうか?」を知りたがるため。「この人をもっとよく知りたい」とか「今まで以上に仲良くなりたい」ではなく、女性が自分の頭の中で思い描く理想にピタリと当てはまるかどうかを、判断したいんです。

それは男性の恋心が、自分の理想に近い女性を見つけた時に芽生えるからで、ギャップ萌えですら、自らの恋愛観の振り幅に収まっていることが条件となります。女性に比べると、男性は「最初は何とも思わなかったけど、接するうちに好きになった」というケースが少ないんですね。最初から好きか嫌いかは決まっていて、初デートは自分の恋心が間違いじゃないかどうかを見極めるものだともいえるでしょう。

だからこそ、初デートで違和感を覚えた場合、女性よりも男性のほうが、「ナシ」と判断してフェイドアウトしやすいのです。

初デートにおいて、女性は気づかないけれど男性がガッカリしがちなことを、詳しく見ていきたいと思います。

7378750938_53a9182a87_b

頷き・相槌が不適切

会話が疲れる女性は、男性から話しにくい人と思われてしまいます。まったく聞き役に回らない女性は退屈ですし、聞き役になってくれても頷き・相槌が上手くないと違和感を覚えるでしょう。男性は、「なんかウマが合わない」と感じやすいのです。

頷きや相槌は、まったく無いと話を聞いていない・興味がなさそうと思われますし、やたらと頷かれても「ホントに聞いてる? 適当に首振ってるだけじゃないの?」と怪しまれます。

また、男性が夢中になって楽しくしゃべる時は、相槌を少し控えたほうが良く、こちらを探りながら話す時は、積極的に頷いて質問なども挟むと良いでしょう。

 

会話の途中でググる

今どきは、ネット検索で調べられないことなんてありません。大抵のことはウィキペディアにまとめられていますし、ウィキペディアに載っていなくても情報収集は簡単にできます。

でも、だからといって、彼が話す内容をもっと詳しく知りたいとか、彼が話したい内容をド忘れしたから思い出させてあげようなどと、スマホでググるのはやめた方が良さそう。

話の腰を折ることになりますし、女性がスマホに集中している間、彼は手持ちぶさたになってしまいます。また、「そこは別にどうでもいいんだけど」なんて白ける原因にもなるでしょう。

男性としては、何を話すか・会話をどう掘り下げるかはあまり重要視していません。女性が話しやすい相手かどうか、楽しいおしゃべりができるかどうかが大事なのです。

 

「どうして?」「なぜ?」が多すぎる

返事がイエス・ノーだけで答えられない、「どうして?」「なぜ?」という質問が多いと、話す側は説明的になり、会話を楽しくないと感じやすくなります。

会話における質問は、確かに「アナタに興味を持っていますよ!」というアピールになりますが、やりすぎはかえってマイナスイメージを与えるでしょう。

何でもかんでも聞けばいいというわけではないので、彼のおしゃべりを聞きながら、何を一番話したがっているのかをよく見極めることが大切です。自信がある部分、自慢したいところ、自分が好きなこと、彼女となる女性には理解ほしい内容については、「どうして?」「なぜ?」という質問は有効かもしれません。

けれど、彼がどんどん話を続けたがっている時は、多少の疑問は流して、頷くだけにしましょう。

 

初デートでは、私服がオシャレか? 待ち合わせで遅刻しないか? 食事はどこで取るか? といった部分も大事ですが、その後の恋のゆくえを決める一番のカギはやっぱり、「会話が充実するかどうか」だと思います。

話しやすく、ノリが合う女性を、男性は一緒にいて楽しいと感じます。また、そういう女性が、二度目・三度目のデートに誘われて、最終的に彼女に選ばれるのでしょう。

【Photo】Youharman

(沙木貴咲/ライター)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

気になる彼をどうやってデートに誘えばいいか分からない、デートで彼に気に入ってもらうにはどうしたらいい?

そんなときは専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから