2017.5.19

くせは中々治りません。くせを敵にしてしまうと、多くの恋愛のチャンスを一瞬で失いかねません。。。

WS000877

口ぐせ1 「でも」「だって」

基本的には誰しも不平不満を言う人は好みません。さらに、相手の考えや話の腰を折る人はさらに敬遠されることが多いです。

「でも」「だって」という口ぐせは言い訳がましく捉えられてしまいますので使わないようにしましょう。「ごめんなさい。でも、・・・」というメールは恋を一瞬で終わらせてしまう最たるものです。。。

 

口ぐせ2 「最低」「最悪」

言葉は狂気になりえます。あなたが思っている以上に相手を傷つけることがあります。こういう相手を傷つけかねない言葉がくせになってしまっている人は要注意です。

あなた自身も周りの大切な人も不幸のスパイラルに巻き込む、そんなリスクがあります。

 

口ぐせ3 「どうせ無理」

「どうせ」という言葉は諦め、やる気の無さを印象づけてしまいますので、使わないようにしましょう。一緒に居てエネルギーを吸い取られたり、悪い方向に向かうような印象がある相手からは基本的に人は遠ざかってしまいます。

あなたの行動はそうではなくとも発言からそういう印象がついてしまうことがありますので、注意しましょう。

 

思い当たる方は今すぐに使うことをやめてみましょう。できればまずは1週間全く使わずに過ごしてみてください。くせの修正には時間がかかりますので焦らず長い目で治していきましょう。

お坊さん 恋愛コーチ さとちゃん 合掌

恋愛相談

周りに言えない恋、片思い、社内恋愛、不倫・浮気、性の悩み。ちょっとした疑問でもOK!

他のユーザーや恋愛の専門家が回答してくれます。恋愛相談をお待ちしています!

恋愛相談はこちらから