結婚の段取りの中で、割りとメジャーなのが“結納”。しかし近年、その結納をしないカップルが増えているんだとか!

結納とはもともと、新郎側から新婦側に結婚式に着る花嫁衣装を贈るというものでした。それが段々と現金を贈るようになったのです。そして婚約を、ただの口約束にしないため……それが結納というものでした。

それではなぜ、結納しないカップルが増えてきているのでしょうか? 聞けば「なるほど!」な理由について、知っておいてくださいね。

engagement-1361074_1280

1:堅苦しいから

「堅苦しいのが苦手で、相手も同じ考えだったので、結納ではなく“顔合わせ”として両家で食事に行きました」(29歳・女性)

堅苦しいのが苦手、またはめんどくさいなどの理由から、顔合わせの食事会をするというカップルが多いようです。しかし、古くから日本に伝わるしきたり。本人達がそれで良くても、お互いの両親が「それでは納得出来ない!」という場合も……。

そんなときは“婚約記念品”などを交換する食事会にすることで、結納ほど堅苦しくなく、ただの食事会よりも、しきたりや伝統を大切にしている印象を受けるので、ご両親にも納得していただけるかもしれないですね。

 

2:必要性を感じなかったから

「どうせ結納金をもらっても、結婚式の費用だとか、自分たちの為に使うだけだし、結納をわざわざやる必要がないと思った」(32歳・女性)

結納金は新郎側の両親が出すことが多いようですが、本来は新郎(本人)が、「これで僕のお嫁さんになる準備をしてきてください」という意味を込めて、自分の貯金から出すもの。もし結納金をもらったとしても、結婚式の費用や生活費として自分達2人の為に使うのであれば、新郎が持っていても新婦が持っていても変わりない……と考えるのですね。

 

3:経済的に余裕がなかったから

「結婚費用や家具はすべて自分たちで準備しようと思っていたので、結納までまわせるお金がなかったというのが正直なところです」(31歳・女性)

結婚するにあたり、新しい住居や生活用品など、必要なものを揃えるのにもかなりの大金が必要になりますよね。それに加えて結納をすると、そこでもかなりのお金が必要になっていき、「こんなにお金がかかるなら結納なんてしなくていいや……」という風に考えてしまうんですね。どのような理由にしろ、新郎新婦の2人だけで結納をするのかしないのか、決めて良いものでもありません。

 

しかし、何より大切なのは、お互いの気持ち。

「結婚してから改めて出来るものでもないし…」

「形式だけでも、せっかくだし経験してみたい!」

と、思う新郎新婦も多くいらっしゃいます。

お互いの両親ともよく相談し、少しでも納得のいく形に収まるようにしたいですよね。

(きえお/ライター)