日本の恋愛観は、時代とともに大きく変化しています。今回はどのように、そして、どうして恋愛観が変化してきたかをご紹介しましょう。

N784_sotowomiruokami_TP_V

憧れはロマンティックラブ!?

明治時代までさかのぼって考えてみると、当時の結婚は家同士の結びつきが大半。そのため、男女の恋愛は家の存続を脅かすものと考えられていました。未婚の男女が二人でいるだけで、「不純異性交遊」と眉をしかめられたのです。しかしながら、第二次世界大戦が終わると、個人の自由な意志が尊重される社会がやってきます。

そこで、登場したのが「ロマンティックラブ」! 自分が好きな相手と恋愛して、結婚をすること。つまり、恋愛結婚が認められるようになり、憧れになりました。ちなみに、日本で初めてデートをしたのは、戦後生まれの団塊の世代の人たちと言われています。この団塊世代で、「お見合い結婚」と「恋愛結婚」が逆転したのは大きな変化でした。ただし、当初は恋愛が結婚と強く結びついていたことがポイントです。

 

恋愛至上主義の到来!!

hftdrftkgyh_TP_V

さて、団塊世代以降、デートや同棲など恋愛が自由に楽しめるようになりました。その後、バブル世代になると、真の恋愛至上主義ともいえる時代がやってきます。

バブルで景気がよかったこともあり、恋愛も華やかでした。女性が男性に求めるスペックは、「高学歴・高収入・高身長」の三高。男性も女性を落とすためにブランド品をプレゼントしたり、「アッシー」として尽くしたり、クリスマスには高級ホテルを予約したりしました。

このころには、恋愛は必ずしも結婚と結びつくものではなく、恋愛と結婚は別、いろんな相手と恋愛を楽しんだ後に落ち着いた結婚をするのが理想という人も多くなったのです。また、結婚後の「金妻」に代表されるような不倫もブームになり、恋愛は若者だけの特権ではなく、いくつになっても恋愛を楽しむ雰囲気がありました。

 

堅実な恋愛観への変化

平均初婚年齢は年々上昇し、晩婚化が進んでいる昨今。草食系男子なんて言葉がはやったこともあり、男女ともにかつてのバブル期のように恋愛に積極的ではなくなりました。

かつては男性が女性を養うという意識が根強く残っていましたが、女性の社会進出とともに男女平等の考えが浸透したことで、恋愛観も変化してきたと考えられます。くわえて、社会情勢の変化やバブル崩壊後の不景気、インターネットの普及など理由はさまざまです。

女性が男性に求めるものは、「三高」から「三平=平均的な収入・平凡な外見・平穏な性格」に変わり、さらに今は「四低=低姿勢・低依存・低リスク・低燃費」とまで言われています。女性に対して威張らず、家事を依存せず、リストラなどのリスクが低く、節約してくれる相手との堅実な恋愛観に変化したと言えるでしょう。また、一方では結婚しない人や恋愛に重きを置かない人も増えています。

CON_katawo15092721_TP_V

恋愛観が多様化している!? 

インターネットなどの普及で情報が簡単に手に入ることもあり、現在の日本における恋愛観は多様化していると言えます。たくさん恋愛したい人や早く結婚したい人もいれば、独身で仕事に打ち込みたい人もいるのです。どんな恋愛観を持つかは、一人一人違って構わないといえるでしょう。

恋愛相談

周りに言えない恋、片思い、社内恋愛、不倫・浮気、性の悩み。ちょっとした疑問でもOK!

他のユーザーや恋愛の専門家が回答してくれます。恋愛相談をお待ちしています!

恋愛相談はこちらから