2017.11.17

一般的に言って、女子は男子よりも恋愛に関する嗅覚が鋭いので、男子に遊ばれる前に、遊ばれそうという危機感を持っているだろうと思います。

でも、そういう女子の上を行く男子だっているもので……今回は、男子が遊びの女子にやりがちなことについてお届けしたいと思います。さっそく見ていきましょう!

02

1:遅い時間に連絡する・急な連絡をする

「男子って、遊びたいとなったら、すごく遅い時間であっても、連絡をしてくる傾向があると思います。あるいは早い時間の連絡であっても、18時に連絡してきて、18時半にどこそこで待ち合わせでどう? みたいな連絡とか……」(27歳・受付)

遊びの彼女をゲットしたい男子って、結局のところ「相手に考える隙を与えない」というのがうまかったりします。悪徳商法に似ています。

悪徳商法の原則は「即決させること」なんだそうです。「ちょっと1週間、考えてから契約します」と相手に言わせない……これが「売れる?」悪徳商法マンの手口なんだとか。

 

2:お泊りはない

「わたしは3年間、遊びの彼とつきあってきましたが、彼としてもお泊りはさせてもらえませんでした」(25歳・モデル)

お泊りさせてくれないなんて、女子からすればイヤな話かもしれませんが、女子の中にだって、遊びの男子と遊ぶだけ遊んだら、さっさと洋服を着て帰って行く人っていますよね。そういうご商売の女子に限った話ではなく……。

ま、よくお遊びになる男女に共通することかもしれません。

 

3:友だちを紹介してくれない

「2年間つきあった元カレは、わたしに絶対に友だちを紹介してくれませんでした」(26歳・通信)

遊びを遊びとして完結させようと思えば、脇役はいないほうがいいですもんね。

 

4:お酒を多めにすすめてくる

「遊ぼうと思っている男子って、お酒を多めにすすめてくる傾向があると思います。たとえばわたしに日本酒をすすめてきます。そのわりに自分は烏龍茶なんか頼んじゃったりして」(24歳・歯科衛生士)

遊ぼうと思っている男子って、「女子を酔わせるとどうにか遊べるだろう」とタカをくくっている傾向があるのではないかと思います。

 

いかがでしたか?

ご紹介したような男子に気をつけて、遊ばれないようにしようと決意するのも、ひとつの方法だろうと思います。

でも、「男子に遊ばれた」というのは、後付けの結果論にすぎないという見方だってできるかと思います。

どんなに「遊んでやろう」と思っている男子だって、少しはその女子のことが好きだから遊びたいと思うわけで、最初から「この女子を貶めて(おとしめて)やろう」なんて思っていないことだってあります。

遊びから始まって、本気の恋になる……こういう覚悟で恋に臨むと、いろんな意味で自分の世界観が広がることもあります。

石橋を叩いて割ってしまう……これが恋愛における最大のタブーなのかもしれません。

(ひとみしょう/ライター)

恋愛相談掲示板

恋愛をうまくいかせる秘訣は男心を知ること。恋愛で悩んだそんな時は、愛カツの恋愛相談掲示板に書き込んでみませんか?

他の読者や恋愛の専門家が回答してくれるので、あなたの悩みが解決するきっかけになりますよ。

恋愛相談はこちらから