現代日本では、一夫一妻が一般的。浮気や二股をしようものなら、法的にも社会的にも制裁されます。しかしその半面でセフレなど、本来のパートナーとは別の相手と関係を持つことも一般的になってきています。

そんな現代の恋愛事情の中、アメリカでは『ポリアモリー』というスタイルが発生し、日本でも知られるようになってきました。

woman-228178_1280

複数の相手を愛する

ポリアモリーはラテン語で複数を表すpolyと愛を表すamorを合わせた、アメリカで生まれた造語です。

ポリアモリー(英: polyamory)とは、親密につきあう相手を一人だけに限定せず、同時に複数の相手と恋愛関係になり、全員がその事実を知り、合意しているという考え方に基づく行為、ライフスタイルのことです。

日本でも2015年にポリアモリー生活を送る人々のインタビューをまとめた『ポリアモリー 複数の愛を生きる』(深海菊絵著・平凡社新書)が出版されました。

著書の深海さんによると、元々キリスト教圏で性的に抑圧されていたアメリカは、ヒッピーのコミューン形成やフリーセックス運動が起こった60~70年代を経て、1990年代初頭から同時に複数の性的パートナーを持つ意味でつかわれ始めたそうです。

 

ポリアモリーは体だけの関係ではない

いわゆるスワッピングやセフレと違う点は、それら二つは性的な体の関係を目的とするのに対し、ポリアモリーは精神的なつながりを重視した恋愛関係という点です。割り切りの関係や一時の過ちではなく、相手と誠実できちんとした関係を気付くことを重視します。

同時に二人以上の相手と恋愛をするのは浮気となりますが、ポリアモリーの場合は全員が全員の関係を把握し、合意しているので、浮気や不倫にはなりません。不道徳なことをしている、バレたらヤバい、といった罪悪感はなくなります。思いを包み隠さず、なんでも本心を打ち明けることができます。

好きになったらそれでいい、浮気になっちゃう、なんて悩むことはない。女性たちと男性への悩みについて語り合うことができる。ポリアモリーは、ある意味では最も自由に開放された恋愛コミュニティです。

 

やはり『嫉妬』は問題になりうる

しかし、ポリアモリーでは男性はあなた一人だけを愛するわけではありません。ポリアモリーのコミュニティに気が合う女性がいれば、その人も同じように平等に愛します。

逆に、あなたも複数の男性に平等に愛されるということですが、好きになった男性には自分だけを見てほしい、と感じる、独占欲が強く嫉妬深い女性には不向きでしょう。

ポリアモリーが嫉妬を感じた場合は、パートナーに相談したり、カウンセリングを受けたりすることが推奨されているそうです。

 

おわりに

アメリカではだんだん認知度が広がっていて組織化も進んでいるポリアモリーですが、日本ではまだまだほとんど知られていないです。実際、日本でポリアモリーとして生きていくのは難しいでしょう。

しかし、ポリアモリーの生き方に共感するのであれば、信頼できる相手と関係を結んでみるのもいいかもしれません。

(東雲ほたる/ライター)

恋愛相談

周りに言えない恋、片思い、社内恋愛、不倫・浮気、性の悩み。ちょっとした疑問でもOK!

他のユーザーや恋愛の専門家が回答してくれます。恋愛相談をお待ちしています!

恋愛相談はこちらから