旅行の荷物

男女グループでの旅行。集合場所に集まってまず相手の何を見るかといったら、荷物の大きさでしょう。男性陣よりもはるかに大きなカバンを背負いゼエゼエ言っている女性がいたら、その時点で彼女は他の女性達に好感度という面で敗北しています。

「これから東京に上京する田舎者」という感じがしてしまい、可愛さのかけらも感じられないからです。

そこで今回は旅行時に男子のテンションを下げてしまう、女子の余計な持ち物を厳選して7つご紹介します。

旅行の荷物

1:パジャマ

上下の服を1着多く持っていくだけで、カバンは大きく膨れ上がりますし、それなりの宿泊施設に行く場合、浴衣などが用意されているでしょう。また旅行の時くらいは普段着で寝たとしても「だらしのない人だ」などとは思われないはず。

 

2:歯ブラシ

こちらも大抵の場合宿に付いています。なかったら買いに行けばいいという気持ちも大事。おそらく男性は持ってきていないのでみんなで買いに行くという流れになるでしょう。

 

3:ドライヤー

基本的に旅行に大きな機械類を持っていくのはやめましょう。あなたがカバンからドライヤーを取り出したところを見た男性は、「なんだか合宿みたいだな……」と少し引いてしまうかも。

 

4:マスク

「口の中が乾燥しないように」と旅行中にマスクを付ける女性は少なからずいらっしゃいます。それは笑顔を隠す行為であって、旅行という楽しい場をしらけさせるアイテムだということを忘れないでください。

 

5:加湿器

喉がとてもデリケートな方にとってこれは欠かせないものではありますが、「たった数泊の旅行にまで必要?」「ちょっと大げさ」と思われてもおかしくありません。

 

6:スリッパ

みんなが裸足で過ごしたり、宿のスリッパを使ったりする中、1人だけ違うものを履いていたらどうでしょうか。とても浮いてしまいますし、「そこまでこだわるところ?」と、少し面倒くさい人間に思われてしまうかも。

 

7:ジップロック

何かと使えるアイテムであり、良く言えば用意がいいのですが、ちょっと細かいところまで気にしすぎですよね。「長期旅行のバックパッカーか!」と思わずツッコミを入れてしまいそうです。

 

いかがでしたか?

女性は荷物がどうしても多くなってしまうのは仕方の無いことですが、極力スマートないで立ちで旅行に臨み、他の女性から一歩リードを奪ってしまいましょう。

「あったらいいな」で荷物を増やしていくのではなく、「なくてもなんとかなる」でモノを厳選しながら荷造りすることをオススメします。(國友俊介/ライター)

(愛カツ編集部)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

恋愛をうまくいかせる秘訣は男心を知ること。男心を理解しないと恋愛の悩みはなかなか解決せずにずっと悩み続けることに。

そんなときは専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから