そろそろ結婚したいのに、彼がプロポーズしてくれない……そんな女子は逆プロポーズで結婚を決めちゃいましょう! これから紹介するテクニックを駆使すれば、きっと成功します!

bride-458119_960_720

結婚したいと思わせよう

男性への逆プロポーズを成功させようと考えるとき、大切なのは当日よりも当日までの期間にあります。

男性が「結婚したい」「結婚してもいい」と肯定的に考えている場合は成功しますし、逆にそう思っていなければ失敗する可能性が高いでしょう。

では、どうすればそう思わせることができるのかというと、地道なアピールが確実です。具体的には、男性に手料理を振る舞ったり、掃除や洗濯などの家事をしてあげたりすることが挙げられます。

色々な場面で、男性に「良い奥さんになりそう」と思わせることができれば、プロポーズの成功確率はどんどん上がっていくでしょう。

 

彼の周囲を味方に付けよう

the-gang-1339281_960_720

結婚は二人だけの問題ではありません。お互いの両親や友人、仕事仲間などを含めて周囲を巻き込む一大イベントです。

従って、彼の中には少なからず「今の彼女と結婚した場合、自分の周囲の人間と上手くやっていけるかな」という不安があるもの。この不安を解消させることで、プロポーズの成功率は大幅に上昇するでしょう。

まだ彼の両親への顔見せを済ませていないという人は、その旨を彼に伝えましょう。彼の両親や上司、友人と打ち解けることができれば、きっと心強い味方になるはずです。

 

シチュエーションを考えよう

女性が憧れるプロポーズのシチュエーションを考えてみましょう。記念日に美味しいディナーを食べた後、きれいな夜景を見ながら……というように、「こういうシチュエーションがいい! 」というイメージがあると思います。

男性は女性ほどロマンチストな人は多くありませんが、それでもプロポーズをするからにはタイミングが重要となるでしょう。しかし、難しく考える必要はありません。ざっくりと、「心に余裕がある時」を狙うと成功しやすくなります。

仕事などで忙しくない時期を選び、デートの後などまったりとした時間に実行することがコツです。

couple-1363993_960_720

逆プロポーズ成功のカギは準備

このように、男性への逆プロポーズを成功させるためには、そこへ至るための準備が大切だということです。この準備は、すぐにできるものではありません。基本的には何カ月単位で時間がかかるでしょう。

逆に、土台がしっかりと固まっていれば、後はプロポーズのシチュエーションを考えるだけです。これらのテクニックを駆使し、是非逆プロポーズを成功へと導いてください。

(水林ゆづる/ライター)