好きになる人は皆決まってダメンズ……という女性、いますよね。なんで自分の周りにはこんな男しかいないの!? とお嘆きになる前に確認しておきませんか?

もしかしたら、あなたの周りにダメンズが多いというわけではなく、あなたがダメンズを引き寄せているのかもしれません。ダメンズを引き寄せてしまう女性に共通する3つの特徴について、今回はお話ししていきたいと思います。

KENTA7d44asd_TP_V

1:家に簡単に泊めてあげてしまう

女性の自宅は、本来であれば敷居の高いもの。男性が踏み込むには相当の勇気を必要とする聖域です。しかし、そこへ簡単に足を踏み込めるくらいのガードの甘さであれば話は別。お手軽に入り込めるとあれば、そこを狙うダメンズがウジャウジャ寄ってきてしまいます。

「友達に、男友達と飲むときは自宅で……という子がいますね。ちょっと危ない気もするんですけど、結果やっぱりその男友達と付き合うことにした~とかは、しょっちゅう。でも、結局家に入り浸るようになって追い返して別れて……の繰り返し。ダメ男を引き寄せてる感がハンパないです」(30代女性・経理事務)

外に飲みに出歩くと、飲みたくても自宅に帰らなきゃという思いで飲みたいだけ量を飲めなかったり、酔い過ぎないようにと自然とストッパーがかかったりするもの。でも、自宅で飲むぶんにはそういったストッパーがない分、ダメ男相手にも関わらず流れで変な雰囲気になって断れなくなってしまう危険があります。

 

2:ちょっとした飲み食いを奢ってあげてしまう

仕事が充実してくる30代女性に多いのですが、男性相手にお茶代を払うことになんの抵抗も感じない人がいます。そんな頼りになる女性こそ、ダメンズを引き寄せてしまっているのです。

「ちょっとした外食とかをササッとお会計してくれる女性、カッコイイですよね。デート代を払うのは男って流れがある中で、そういう女性と出会うと経済力があって付き合いたいなーと思っちゃいます。俺フリーターですし、金ないので……」(20代男性・フリーター)

ひと昔前であれば、女性が男性を選ぶ際に“経済力”と聞かれましたが、今は逆。男性側からも女性の経済力を求める声が出始めているのです。経済的に頼れる女性におんぶしてもらおうと、ダメンズが目を光らせているので気をつけて!

 

3:甘えと依存の区別がつけられない

甘えてくる男性がカワイイと思うこと、ありますよね。でも、それは本当に甘えでしょうか。もしかしたら、女性に依存しているダメンズかもしれません。そこの区別がつけられない女性は、自然とダメンズを引き当てる率が高くなります。

「友達が男に家に入り浸られて、ご飯も作ってとお願いされているのと聞きました。それ、絶対ダメ男だよ早く追い出したほうがいいって! というと、友達は『甘えてきてるだけだから』といって嫌がらない。あれは甘えとかワガママの次元を超えた、単なる依存だと思いました」(30代女性・デザイン関連)

頼られてうれしいと思う反面、依存されたらなにもかも吸い尽くされてしまう怖さがあるのが男女の関係。お互いに上昇していける相手を巡り合うためには、依存と甘えの境界線をはっきりと見抜けるようにならなくてはいけませんね。

 

いかがでしたか?ダメ男ばかり引いてしまうとお悩みの方はぜひ、こういった行動を改めてダメンズが寄ってこないように対策を打ちましょう!

(きえお/ライター)