ウェディングドレスを選ぶときにはデザインや素材重視になりがちですが、身長とのバランスを考えることが大切です。ここでは身長別に似合うウェディングドレスを紹介していきます。

bride-301810_960_720

ミニーさんにおすすめのプリンセスライン

女性ならば誰もが一度は憧れたことのある童話のお姫様のようなプリンセスラインのドレス。

高身長の女性が着るとボリュームたっぷりになってしまうプリンセスラインも、身長150から155cmくらいの小柄な女性が着るとかわいらしくまとまります。

かっこいいよりかわいいと言われたいと考えている人やロマンティックなチャペルでの挙式を予定している人にはぴったりでしょう。ハイウエストタイプのドレスを選ぶと脚長効果を期待することができますよ。

 

アンダー160cmにおすすめしたいミニドレス

shoes-1298268_960_720

海外ウェディングでよく見られるミニ丈のドレスは最近日本の結婚式でも一般的になっています。しかし高身長さんが着ると脚の露出部分が多く、セクシーすぎる印象を与えてしまうことがあるでしょう。

そんなミニ丈ドレスは身長150cm台の小柄から平均身長さんにおすすめです。露出過多が気になる人はロングヴェールを合わせると、エレガンスにまとまりますよ。

人と似たようなウェディングドレスでは満足できない人や、二次会のドレスを考え中の人はぜひ検討してみましょう。

 

高身長さんは神々しい雰囲気のドレスがベストマッチ

bride-301813_960_720

一般的に日本人向けのウェディングドレスは160から170cmを想定してつくられていると言われています。しかし165cmを超えると「背が高い」「迫力がある」と思われることが多いのではないのでしょうか。

そんな高身長さんも結婚式では、儚げで女性らしい雰囲気をまといたいもの。結婚式のイメージを大きく左右するウェディングドレスはエンパイアドレスやマリアベールなど柔らかく神聖なイメージの強いタイプを選ぶことがおすすめです。流れるようなドレスのラインが出せるのは、高身長さんならではの強みです。

 

高身長を少しでもカムフラージュするためには

高身長というとモデルのようでかっこいいイメージがあるものですが、コンプレックスを感じている人も少なくはありません。また新郎が新婦よりも低身長ということもありますよね。

そんなときは高身長をすこしでもカムフラージュすることができる技ありドレスを選びたいところ。ロングトレーンタイプのウェディングドレスや下半身にドレープやポイントがついているドレスは視線を下半身に集中させることができるため、身長がさほど目立ちません。

 

スタイルアップを狙いたいウェディングドレス

人生で一番美しい日を迎えられるように、ウェディングドレスは妥協することなく気に入ったものを選びたいところ。写真もいっぱい撮ることになるため、スタイルの良さを強調できる自分にぴったりのドレスを選びましょう。

(掛布アリス/ライター)