2016.7.20

過剰に太っている女性や身なりに気を遣わない女性に対して、嫌悪感を持ってしまうという悩みを知恵袋でみつけました。

別に太っていることや美意識がないことが悪ではないし、自分とは無関係なはずなのに、なぜか嫌悪感を持ってしまう。

そんな風に人をキライたくないのに、つい引いてしまう自分がイヤな人間に思えて恥ずかしい。そんな内容でした。

これは私も前から疑問で、過剰に太っていたり身なりに気を遣わない女性に対する嫌悪感は一体どこから生まれてくるんだろう?

そもそも女性の競争で考えれば美しい女性が多いより、気を遣わない女性が多い方が有利なはずなのに、なぜ肯定できないのだろうか。

色々と調べて、いきついた答えに納得したのでご紹介します。

angel-759394_1920

相手を通して自分を見るのが人間の習性

過剰に太っていたり、身なりに気を遣わない女性が、どうやら「自分もなり得る姿」と捉えられているようです。

この先、たとえばカロリーを気にせず好きなものを好きなだけ食べて、外出もほとんどせずに寝てばかり、髪も伸ばしぱなし、肌のケアも一切せずに過ごした自分。

そんな自分を想像したとき、嫌悪感を抱く心理。これをつい他人を通して意識してしまうそうです。

つまり「私はこうなりたくない」という意識が強ければ強いほど、その姿の相手を嫌悪する意識が働くそうです。

 

嫌悪感を持つのは悪いことじゃない

つまり「イヤ」だという気持ちがあるからこそ、食べ過ぎに注意したり、スキンケアやボディメンテナンスにお金や時間をかける心理が働くわけです。

その気持ち自体は悪いものでなく、どうしようもない感情です。

その感情を「私は赤の他人に対してこんな嫌悪感を持つ酷い人間だ」「差別する感情があるんだ」と自分を責めてしまうとストレスになってしまいます。

自分の中に生まれる感情を否定せず、ただ、その感情を相手にぶつけたり、見せないように努力できれば決して悪いことではありません。

 

ポジティブな思考に変換する

もし、過剰に太っていたり、身なりに気を遣わない女性や、「これどうなんだろう」と引いてしまう相手に嫌悪感を抱いてしまったら、自分がどうなりたいのか問いかけてみるといいでしょう。

私は体型のキープを頑張りたいな、身なりをもう少し意識したいな、そんな風に自分自身を見ることが大切です。

中にはどうしようもない事情で痩せられなかったり、トラウマやコンプレックスで外見を抑え込んでしまう女性もいるので、相手は相手、自分は自分。

「相手を通して自分を見ている」ということを頭で理解するだけでも、ちょっとラクになりますよ。

(三村愛/ライター)

恋愛相談

周りに言えない恋、片思い、社内恋愛、不倫・浮気、性の悩み。ちょっとした疑問でもOK!

他のユーザーや恋愛の専門家が回答してくれます。恋愛相談をお待ちしています!

恋愛相談はこちらから