2016.8.22

深く愛し合った人と結婚したとしても、数年先はどうなっているか分かりません。愛は永遠ではないのです。気持ちが冷め、離婚することだってあるでしょう。
でも、周囲から盛大に祝福され、羨ましがられる生活をしていた場合、それを知られるのは気まずい。できれば誰にも知られずに離婚して、ほとぼりが冷めた頃に公表するというのが理想の展開。
今回は、数々の離婚経験者を見てきた筆者が、周囲にバレずにひっそりと離婚する方法をご紹介します。

6898291987_282896f2d3_b

 

1:苗字を変えない

結婚した離婚したでもっとも分かりやすい変化が、苗字です。離婚した場合でも、苗字を変えなければいけないという義務はありません。変えずにそのままの姓を名乗る方もとても多いです。
特に、お子さんがいらっしゃる方は、なにかと気を使うようです。もしお子さんが大きいようであれば、相談して決めたほうがいいかもしれません。

 

2:生活習慣を変えない

変な時間帯に出かけるようになったり、急に仕事を始めるなど、生活の変化に周囲は敏感に反応します。特に最近はSNSの普及により生活がオープンになっているため、さらに察しやすい状況になっています。
でも、急にSNSを更新しなくなったりするのも不自然。なるべく家族のことには触れないようにして、アップするペースを少し落とすぐらいに調節し、今まで通りの生活感をアピールしましょう。

 

3:協議離婚で済ませる

離婚にはいくつかの種類があります。まず、夫婦が話し合ってお互いの同意のもとに行われる『協議離婚』。話し合いで解決せず、家庭裁判所に申し立て、調停委員が間に入るのが『調停離婚』。それでも成立せず、裁判所に判断をゆだねる『裁判離婚』。などがあります。
周囲に気づかれないためには、もちろん協議離婚です。話がもつれれば、お金もかかるし、生活にも支障が出てきます。なるべく穏便に済ませるためには、話し合って納得した上で離婚すべきです。

 

4:相手の弱みを握る

相手がすんなりと離婚を認めてくれない場合があります。むしろ、そういうケースがほとんどかもしれません。その可能性があるのであれば、離婚を切り出す前に、相手の弱味を握っておくことです。
人間なんて、叩けば誰でもホコリは出てきます。女性関係などが浮かんでくればこっちのもの。それをネタに切り出せば、何も文句は言えないでしょう。スムーズに協議離婚に持ち込めるはず。ただ、あなたにも何か後ろめたいことがないことが前提です。

 

離婚はなかなかエネルギーがいる作業です。綺麗には別れられないというのが男女の常でもあります。周囲に気づかれたくないという気持ちも分かりますが、何も失わずに別れるというのは虫のいい話なのかもしれません。

 

(大木アンヌ/ライター)

愛カツ結婚相談

「本気で結婚相手を探したい人」にとっては、結婚のプロフェッショナルである結婚相談所に相談するのが一番確実です。

愛カツ結婚相談では、数ある結婚相談所の中から実績や利用者の声から判断した、信頼できる結婚相談所のみをご紹介します!

愛カツ結婚相談を利用してみたい方はこちらから