2016.8.14

SMAPが、今年の12月31日をもって解散することが13日深夜、明らかになりました。所属事務所がマスコミ各社にファクスで書面を送ったとのことです。

今年1月にも解散騒動が発生。テレビを通じて、メンバー5人がファンに謝罪の言葉と自分たちの気持ちを直接伝えたのは記憶に新しいです。

SMAP

それから約半年。再度、亀裂が明らかになり、今回は本当に解散の結論が出てしまいました。
これは男女のつながりにも言えること。別れの危機が発生して、一度は乗り越えたもののやっぱり関係の継続が難しく、別れにいたってしまう……

もちろん、復縁してその後ずっと関係を継続するカップルもいるでしょう。でも、このように関係が破綻してしまうカップルも多いと思います。どこに原因があるのか、SMAPの例を挙げながら解説します。

1 自分の気持ちで決めたことなのか?

1月のメンバー謝罪。違和感を感じた方も多いと思います。
「このセリフは本心なのか」「誰かに言わされているのではないか」と感じても不思議はないものでした。
男女の復縁についてもこれは一緒。
「本当に復縁したいと心から思ったのか」が重要ですね。
「彼がかわいそうだから復縁を選んだ」「なんとなく面倒だから、継続しようと思った」
のように、相手の都合や、主体的ではない理由で復縁しても、結局は同じ危機を迎えてしまうことになります。

2 原因を修復できている?

誰だって自分たちの傷、特に相手の気持ちに踏み込むのは難しいですし、できるならば避けたいもの。
それでも、本当に復縁したいと思うなら、原因の解決を避けて通れません。

報道を見るかぎり、メンバー間の亀裂を作った原因は解決されていない、メンバーの全員に解決に対するモチベーションがあったとは言いがたいようでした。

表面上は許したとしても、心の奥底では「やっぱり許せないし、向かい合うモチベーションがない」と何かがぷつんと切れてしまうと、なかなか復縁は成功しないでしょう。

3 昔の関係にこだわっていない?

一回壊れたものは、くっついたように見えても、目に見えないヒビが残ります。昔と同じような関係性を作ろうとしても、それは無理なのです。元に戻らないのは分かっているのに、昔と全く同じような関係を築くのは諦めるべき。
むしろ、壊れたものを捨て去って、「新しい二人」を築く努力をするのが大事だと思います。

口で言うほど簡単なことではないですが、「ダメになってしまう関係」に戻るより、新しい二人として、ダメにならないようなルールを決めたり、お互いの気持ちをしっかり思いやったりましょう。その中で、相手の新しい魅力を見つけて、絆を強くするのが復縁のコツだと思います。

いかがでしたか? グループの解散は個人的にとても残念です。そして、カップルの関係が再び崩れるのも、とても残念なこと。復縁したいと願うなら、しっかり二人で痛みと向き合い、新しい二人の関係を築きましょう。

(渋谷 光/ライター)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

家族や友達にも相談してみたけど、どうやったら元彼とよりを戻せるのか分からない…。

そんなときは専門家に直接相談して復縁の糸口をつかみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みを解決します。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから