自分に対して「どうやら好意を抱いてるみたいだ」と思える男性の言動って、何となく感覚的に分かるものですよね。
男性というのは自分の気持ちを隠すのが苦手なものですから、どうしても仕草や態度で相手に気持ちが伝わってしまいます。

本命の女性に対する仕草ともなれば、それはもう傍から見ても「あ、好きなんだな」と分かるレベルです。
いまさら説明するまでもないような気はするのですが、そうは言っても本命女子に対する男性の態度を、しっかりと知っておきたいという方もいるはず。

そこで今回は、男性が本命女子に見せがちなポイントをご紹介していきましょう。

s_男性が本命女子だけに見せる3つのやさしさポイント!

 

男性は本命女子に安全を確約したがる!

まずは基本的なところから。
本命の女性に対して、男性と言うのはやさしく振舞うのは当然のこと。
さらに顕著なのが、いっしょにいる間に、極端なほどに相手の身を案じるという点にあります。

たとえば2人で歩いている間は、歩道側を歩かせ、自分は車道側を歩く。
いざというときに彼女の身代わりになれるようにと、こういう部分からやさしさがにじみ出るわけです。

本命の女性ともなれば、どうしても振り向いてほしい存在ですからね。
いわばこれって打算的な行動ではあるのですが、言い換えれば、危険に対しては自分がしっかり対処するよ、というアピールです。

 

男性は本命女子の財布を決して使わせない!

これも当たり前のことですが、本命の女性と食事をするチャンスを得ておきながら、お会計のくだりになってワリカンにするなんて、有り得ないことです。
やっとの思いで本命の女性と2人になれた以上、相手に「損したな」とは微塵も思われたくないというのは、必死になっている男性の偽らざる本音です。

ですので、もしもあなたが男性と食事に出向いた際に、何も言わずともお会計を相手が全て済ませてくれたという場合は、少なくとも「どうでもいい女性ではない」と思っても大丈夫でしょう。
男性って意外とシビアな金銭感覚の持ち主も多いんです。
そんな男性が、相手の分の食事代も支払うということは、すなわち“そういうこと”を意味しています。

 

男性は本命女子に夜のお誘いを無理強いしない!

本命の女性に対して、男性が結局のところ何を求めているのかと言えば、それはもうベッドを共にすることが大きな割合を占めています。
しかし、どうでもいい女性に対しては、多少強引に「ホテル行くぞ」と言える男性でも、決して逃がしたくない本命の女性に対しては、態度が軟化してしまうものです。

本命の女性に惚れ込みすぎたが故に、男性はいざというときにホテルに誘うことができない、腑抜けと化してしまいます。
重要なのか、その腑抜け化をしっかり見抜くことですね。

「この人、デートは誘うし、お金も出してくれるのに、ベッドインはしたがらない。目的が分からないなぁ」と思ってしまうような相手というのは、大抵あなたを本命扱いしているため、下手に手出しできなくなっているのです。
本末転倒な気もしますが、これも男の弱い性。笑って許してください……。

 

おわりに
このように、男性が本命の女性に見せる特徴としては、強引さがなく、相手のことを第一に重んじるような態度が表面化しやすいというのが挙げられます。
相手にいまいち積極性が感じられないのに、何故かデートのお誘いは頻繁に来る。
こういうシチュエーションの原因は、大体にしてあなたが本命視されていることにあります。
ここをしっかり判別していれば、自分が相手にどう思われていて、何を求められているのかが分かるはずです!

 

画像撮影 Alex Borras Camps (改変 gatag.net)

(松本ミゾレ/ライター)