2016.9.13

歌手の浜崎あゆみさん(37)が、14年に結婚した10歳下の米国人医科大学院生と離婚する意向を11日、公式ファンクラブサイトで明らかにしました。

「3年間パートナーとして共に歩んできた彼と、それぞれ別の道へ進むことになりました。彼は彼の想(おも)う道を。私は私の想う道を。」とサイトで報告。詳細は明らかにせず、「引き続きツアーのリハと新曲のレコーディングに集中して突き進みますっ!!!」と吹っ切れた気持ちで結んでいます。

浜崎あゆみ

 浜崎さんは、11年の元日にオーストリア国籍の俳優と最初の結婚をしましたが、約1年で離婚しました。現在の夫とは13年12月に婚約。パリで行われた映画のレッドカーペットでツーショットを披露したあと、14年3月に婚姻届を提出しました。

残念ながら、浜崎さんの結婚生活はうまく行きませんでした。その理由は芸能人でも一般人でも大きく変わらないと思います。報じられている内容から、みなさんにも教訓になることをお伝えいたします。

①生活拠点が離れていないか

浜崎さんの最初の結婚では、東日本大震災が発生した後の直後だったので、浜崎さんが国内から離れたくないという意志を持っていました。そのため、海外生活を希望するパートナーとの間にすれ違いが発生したと言われています。
国内と海外という極端な例ではありますが、国内であっても同じこと。生活拠点が異なる二人が一緒になると、すれ違いは避けられません。夫婦は一緒に暮らす、のはもちろんのこと、できれば結婚前の生活拠点も近しいほうがいいです。どちらかに移転を強いると、それだけでも余分なストレスになってしまうので。

②収入格差はないか

一般人同士の結婚では、ほとんど無いことだと思いますが、浜崎あゆみさんの過去の相手と、浜崎さん本人では収入格差があり過ぎました。相手との収入格差が大きい場合、妬みなどの感情や劣等感から、夫婦関係に亀裂が入ることも多々あります。特に、男性は一般的にプライドが高いので、相手より収入面で劣ると行き場の無いストレスを抱えがちに。

結婚は、収入も含めて、レベル感の近しい同士のほうがうまくいく可能性が高いです。高収入と低収入の人では、物事の考え方や実行力が全く違っており、長い時間一緒に過ごすと必ず、お互いに不満を持つとと思います。
レベル感が同じ人同士で結婚するのが、長続きの秘訣ではないでしょうか。

③出会いの頻度が高い?

芸能人は特に出会いの頻度が高いです。芸能人同士だったり、仕事のつながりだったり、毎日たくさんの人に会います。この人いいな、と思う人がたくさん周りにいるのは仕方ないですよね。今のパートナーと別れたとしても、魅力的な人が周りにたくさんいます。
これは一般人にも同じことが言えて、出会いの機会が多い人がパートナーだと、安定した結婚生活を送るのは難しそうです。もちろん、一途な人もいますので全てに該当するわけではないのですが。
自分にはそういうつもりは一切なくとも、相手側が疑いを持つこともあるので、難しいものですね。

いかがでしたでしょうか? 芸能人の結婚・破局だからと言って、自分には全く関係ない、ということはありません。芸能人だって一般人だって、結婚生活で抱える悩みはだいたい同じです。