2016.9.25

何年も恋愛に関するコラムを書いていると、
わずか数年前の常識がもう通用しなくなっていることに気づくことがあります。

以前は「結婚は生涯の一大事」ということを多くの人が「常識」として持っていたはずです。
でも、結婚したらすぐに離婚する人が増えました。

数年前に取材をさせてもらった女子が、去年結婚して、今年もう離婚した……
こんなケースは、あなたのそばにもよくあるケースではないでしょうか。

ba8e51e3a543573691c54caf83d28e5b_s

したければすればいいのよ

離婚した人は、簡単に言います。結婚も離婚も、したければすればいいのよ、と。

結婚したければすればいい……結婚したくてもできない女子がこう言われても、
「結局どうすればいいのか」と悩むと思います。
ほぼ絶対的に言えることは、結婚は相手がいないとできないので、
まずは男を狩りに出る。つまり男がいる場所に馳せ参じる。

これが一番最初に求められる行動ですよね。

 

次に結婚したいと渇望する

次に求められるものは、いろんな既婚女子(および離婚女子)の話を聞いていると、
「飢えるほどに結婚したいと渇望する」だとのこと。

結婚となると、相手の釣書(お見合いの場合)や年収などが気になるはずですが、
話を聞かせてくれた何人かの女子は、
「もう睡眠欲や食欲と同様のレベルで結婚欲というものが湧いてくる」と言います。

食欲や睡眠欲というものは、無意識に出てくるもの。
それらと同様に無意識に「結婚欲」というものが湧いてきて、
そのとき「手近にいた相手と」結婚しちゃうんだそうです。

別に彼女たちが愚かな女性である、ということではないと思います。数多くの女性に該当する、蓋然性の高い話だと思っています。

 

結婚できない女子の本質とは

ということは、結婚できない女子問題の本質は、今まで挙げた2つではないでしょうか?

1:狩りに出ていない

2:結婚欲が湧いていない

結婚できない女子の本質をこう仮定するなら、
狩りに出ていない、結婚欲が湧いていない、その理由は、もう明らかですよね。

独身でいるほうが楽しい。気楽。生活しやすい。独身サイコー!

自分は結婚に向いているのかいないのか?

ま、こう思っているうちは、結婚できないということです。当たり前のことですが。

でも、本当に独身が最高なのかと自問自答してみることが必要だと思います。

独身がいけないとか、独身が最高だと豪語している女子に説教をする話ではありません。

じぶんが結婚に向いているのか、向いていないのかを、知っておくことは、あとの人生を豊かにしてくれます。

 

ごくシンプルな結論

結婚の向き不向きを考えると、結婚というものはするか、しないかということであって、
その中間はないという、これまたごくシンプルな結論にいたります。

中間がないのだから、独身サイコー!
今日もひとり暮らしの部屋で女子会を開いて朝まで呑んだくれて、これまたサイコー!
……こう思えるようになった女子もいました。

私は結婚「できない」のではなく、結婚「しないだけ」だと、彼女は言います。

こう言えるようになれば、この世に怖いものはないと、
ある女子は酔っぱらって私に言いました。
その表情はとても清々しく、自信に満ち溢れていて、思わず恋しちゃいそうになりました
(しかし、結婚したくない女子に恋してしまったら話がややこしくなるので、退散しました)。

 

結婚はするかしないかであってだな

結婚はするかしないかであってだな……なかなか奥の深い話です。

禁煙に似ていますよね。禁煙したい、ガムを噛んでも無理、禁煙治療も失敗した……
いろんなことがありますが、要するに吸わなければいいだけだという、
ごくごく単純なことです。

中間がないのだから、独身サイコー!
だから今日もひとり暮らしの部屋で女子会を開いて朝まで呑んだくれて、これまたサイコー!

これでいいんですね。向いていない人は結婚しなくていいのです。

愛カツ結婚相談

「本気で結婚相手を探したい人」にとっては、結婚のプロフェッショナルである結婚相談所に相談するのが一番確実です。

愛カツ結婚相談では、数ある結婚相談所の中から実績や利用者の声から判断した、信頼できる結婚相談所のみをご紹介します!

愛カツ結婚相談を利用してみたい方はこちらから