若さとノリにまかせて何も考えずに過ごしてきた人と、自分をちゃんと見つめて頑張ってきた人との差が歴然と出る年代が40歳前後。
20代や30代では差が付きにくくても、40を目前にすると人間の差は明らかになります。
40歳前後の人の話をしますが、実は一番読んでほしいのは、20代・30代のみなさんです。
303e2fe7959504b883e298bf8343f2d0_s

①モテるアラフォーは自分の価値を客観的に理解している

若いころの理想を引きずって、いまだに白馬の王子様を待っていませんか?
アラフォーともなれば、みなさん、それなりに恋愛経験値もあると思います。人間、生活レベルもそうですが、一度上げたハードルを下げるのは相当難しいもの。でも、それは自分の価値が伸び続けている前提。

残念ですが、男性から見た結婚相手としての価値は、一般的には30歳を超える頃にはもう上がらなくなります。その事実から目をそむけてはいけないのです。
自分のレベルを客観的に判断して、自分のレベルに相応しい相手を選べる人はいい恋ができます。

②モテるアラフォーはメイクとファッションがうまい

「男性はとにかく若い女性が好き」とよく言いますが、必ずしもそうではありません。特に恋愛・結婚となれば、自分に近い価値観や世代のほうがいいに決まっています。

カルチャーギャップがあると会話は長く続かないですし、居心地が悪くなってしまいます。とは言え、「見た目は若ければ若い方がいい」のです。モテるアラフォーは、自分を若く見せる方法が上手。あくまでも「不自然ではない若さ」を演出するテクニックを持っています。

具体的な目標としては、実年齢から3歳くらい若い、ファッションやメイクをすることを考えましょう。それ以上ですと老けて見えてしまいますし、5歳も若返ってしまうとちょっと無理があります。

③モテるアラフォーは甘え上手

男性は程度の差はありますが、いつまでもマザコン。大人になっても、甘えたい気持ちはどこかに残っているもの。
モテるアラフォーはほどよく相手に甘えさせるのが上手です。あくまでも男性にもプライドがあるので、ここぞ、という場面で。

例えば、疲れて弱音を吐いている場面や、悩みがあるとき。そんなときに問い詰めたりせず、落ち着いて聞いてあげる懐の広さがモテる理由です。

一方で甘えさせるだけではなくて、甘え上手なことも大事です。先ほども言った通り、男性はプライドの生き物。同年代もしくは年上の女性に甘えられると、自分の経験値が上がったように感じて、プライドをくすぐられるのです。
甘えるときには、ときどきギャップを使うといいです。アラフォー女性なのに、10代や20代の女性のように全身を使って喜んでみる。そうすると、男性からすると「この人、こういう少女みたいなところもあるんだ」とドキッとします。

注意しなければならないのは、いつも若々しい言葉や動作をするのではなく、あくまでも「ここぞというときに」です。ギャップは、めったに見せないからこそギャップになるのですから。

 

いかがでしたか? モテるアラフォーは正しい恋愛経験と、客観的な自己分析、そしてギャップを魅せる技を持っています。
いま20代、30代のあなたも将来どういう女性になっていたいか。それをちゃんと考えて、日々を積み重ねたいものですね。