2016.10.26

ブラジャーの付け方を正すだけでバストが2サイズもアップするって話

間違ったブラジャーの付け方で…

毎日付けるブラジャーですが、その付け方を間違えていると肩こりの原因になったり、胸の形が垂れたり離れたり、場合によっては胸が潰れてしまうこともあります。また、乳首の変形の原因にもなるので、何気なくブラを付けてしまうのはかなり危険があるのです。小さいバストに悩んでいる人は、もしかするとブラの付け方が原因になっているかもしれませんよ。

 

正しい付け方

まず、ブラのストラップを腕に通したら、ブラのカップの下とアンダーバストを合わせます。おじぎをするように上半身を少し前に傾けたら、ワイヤー部分を一度持ち上げるようにして、その姿勢のままホックを止めましょう。身体を起こし、片手でブラのアンダーをおさえたら、もう片方の手で背中や脇に逃げた脂肪をカップの中に入れていきます。最後にワイヤーが浮いていないか、ストラップがきつかったり緩かったりしないか、ホックの位置が上がり過ぎたり下がりすぎたりしていないかをチェックしましょう。

 

正しいブラを付けましょう

いくら正しい付け方をしていても、肝心のブラが自分のバストと合っていなければ意味がありません。バストとブラの円周が合っているか、乳首が中央にくるか、アンダーのサイズが合っているかなど、しっかりと確認しましょう。わからなければ専門スタッフがいて試着できるお店で購入するといいですよ。正しいサイズのブラを正しく付けて2サイズアップしたという人もいるほどですから、さっそく自分のブラの付け方を見直してみてくださいね。