2016.10.28

いまや「連絡するならLINE」というのが当たり前になりつつあります。

でも、彼がこちらのメッセージを読むだけ読んで返信をくれない「既読スルー」状態のせいでかえってイライラしてしまう女子が急増中なんです。

でも、既読スルーが多いからと言って彼とケンカするのはちょっと待って。

男性の既読スルーにはいろいろな理由があるんです。

確認するだけだから

 

とりあえず確認するだけだから

いくつものことを並行して考えられる女性から見ると不思議ですが、男性は複数のことを同時に処理するのは苦手です。

それはLINEの返信に関しても同じこと。仕事中などはとりあえず確認だけして、重要そうならすぐ返信するし、あとでもいいような内容ならあとでのんびり返信するという人が多いです。

「返信すること自体を忘れるからその場で全部に返信する」という人も中にはいますが、そういう人はしっかり考えた内容を返してくれるとは限りません。

既読がついた何時間か後には返信が来るのなら「既読スルー!」とイライラするよりも「ゆっくり考えて返してくれるのね」とのんびり構えて待ちましょう。

 

慎重に返信したいから

慎重に返信

「既読スルー」ではなく返信の内容を迷っていることもあります。

きちんと結論を出したがる男性にとっては、女子がよくやる「ちょっと考えてあとで返事するね」的なとりあえずの返事や、スタンプでお茶を濁すことはあまりはなじみのある対応ではありません。

「見たんなら返事くらいできるよね?」とカリカリしてもあまり意味がありません。

返事がほしいなら2択にするなど、ある程度返答の仕方を絞ってあげると返信が早くなるかも。

 

返信が必要だと思ってないから

返信が必要ない

LINEをただの連絡ツールと割り切っている男性の場合、一人語り的内容のものは読むだけ読んでスルーしてしまうことも。

例えば、朝の挨拶だけとか、スタンプ一つだけのもの、「お昼にパンケーキ食べちゃった♡」のような自分の行動を知らせるだけのLINEはスルーされがちです。

この場合、彼らはくだらないと思うから返信しないのではありません。

「うん、よかったね」ですむ内容だと思っている可能性のほうが大きいです。

「パンケーキ食べちゃった」と送って「今度私も行きたい!」と返してくれるのは女子友だけ。

男性が相手の場合は「今度は一緒に行きたいんだけど、どうかな?」など、彼が拾いやすい表現にすることが返信をもらうコツです。

 

ラリーが長くなるのは困るから

ラリーが長く

いつでもコミュニケーションが取れる一方で、「いつ会話を打ち切ったらいいのかわからない」悩みもあるのがLINEです。

とにかく時間を取られるから、LINEにかかりっきりにはなれないときはあえて既読スルーする人も。

特に、会話の終わり際は「じゃあまた」と締めてるのに、女子がいつまでもスタンプを送ってくるので「いつやめればいいのかわからない」という男性は多いよう。

そのスタンプをスルーして終わる以外にも、「この子のLINEは無駄に長いから、落ち着いたときに返そう」と、あえてすぐに返さないようにしている人もいます。

ラリーが続くのは楽しいですが、敬遠されてしまっては元も子もありません。チャット状態で彼を拘束していないか、時には気にしてみましょう。

 

 

既読機能があるばかりにLINEに神経をとがらせてしまう人も多いと思います。

でも自分の身に置き換えれば「大事な話だから丁寧に返そう」「時間のある時に楽しもう」というのはそんなに不思議なことではないとわかるはず。

男性とのLINEはイライラしては損!のんびり楽しみましょう。

 

 

(中野亜希/ライター)

恋愛相談

周りに言えない恋、片思い、社内恋愛、不倫・浮気、性の悩み。ちょっとした疑問でもOK!

他のユーザーや恋愛の専門家が回答してくれます。恋愛相談をお待ちしています!

恋愛相談はこちらから