こんにちは、恋愛カウンセラーの森野ひなたです。

「復縁したものの、うまくいきません。どうしたらいいですか?」そんなお悩みをたびたびお聞きします。せっかく復縁できたのですから、順調な交際をしたいですよね。そのためには“NG行動を避ける”ことが必須です。避けるためには、まず何がNG行動なのかの自覚が大切です。そこで今回は“復縁後のNG行動”をお伝えします。

復縁後のNG行動

 

1、別れの原因が、繰り返される

カップルによって、別れの理由は様々です。ひとつだけでなく、複合的に理由が存在することもあります。いずれにしろ、別れの原因が改善されなければ、復縁したとしても関係はまた悪化してしまうことが殆どです。

例えば、ダメ出しを彼にし続け、さらに束縛と嫉妬が激しかったことが原因で彼をウンザリさせてしまったケース。この場合、復縁後に【ダメだし】【束縛】【嫉妬】が“NG行動”になります。これらを繰り返してしまうと、「やはりムリだ」と彼をふたたびウンザリさせてしまい、破局に繋がります。

 

2、過去に「直して欲しい」と言われたことを放置

彼に直してほしいと言われていたポイントを放置しているケース。1との違いは“別れの大きな原因でないポイント”なところです。例えば、「飲みに行く回数を減らしてほしい」「もっと痩せたほうがカワイイよ」などの発言がかつて彼からあったのなら、改善の努力をしましょう。復縁後しばらくはデリケートな時期です。自分が傷つかないように厳しい見方をしたり、相手の不満な点に目がいきがち。放置すると彼に不満が溜まりやすくなります。

 

3、いかに悲しく苦しかったか、ことあるごとに持ち出す

復縁したとはいえ、彼との関係が急に順風満帆になるわけではありません。別れている間や、以前つきあっていた期間の苦しさや悲しみを彼に繰り返し伝えるのはNG行動です。例えば「あなたにフラれて、私がどんなに苦しんだか」「浮気されるんじゃないかと思うと不安で気が狂いそうだった」など。復縁のタイミングでお互いの改善のために一度だけ伝えるのは良いとしても、復縁後に少し不安になっただけで彼に繰り返し持ち出すのはNGです。彼は自分が責められ続けることに耐えられず、破局に近づくことに。

 

 

いかがでしたか?

復縁は通常の交際よりも、とても繊細な対応が必要です。せっかく復縁できたのですから、NG行動を避け、幸せな交際を続けられるように気をつけてみてくださいね。

 

(森野ひなた/ライター)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

家族や友達にも相談してみたけど、どうやったら元彼とよりを戻せるのか分からない…。

そんなときは専門家に直接相談して復縁の糸口をつかみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みを解決します。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから