自分ではイケてると思っていても、実は周囲からは「あれ、ダサイな…」と思われていることがあるかもしれません。雑誌を頻繁に見ていない人や、独学でのファッションの人は特に知らず知らずのうちに“オバファッション”になってしまっている危険性が…!

そこで今回は、一気に老け込んでしまうNGファッションについてご紹介していきます。今一度、あなたの服装を見直してみましょう。では、早速チェックしていきますよ!

NGファッション

 

■1、デニムの色合いが季節に合っていない

デニムの色合いは、季節感が大変重要になってきます。特に、夏場に多く履く機会がある色が薄目のデニムは要注意です!秋冬にも色の薄いデニムを履いていると、「オバサンくさい」と思われてしまうことがあります。

「秋冬のデニムは、深い青…インディゴが多いですね。時期的に出るマスタード色やワインレッド、モスグリーンといったような色との相性も良いのでマストアイテムですね。淡い色のデニムを冬に履く際には、足元を細めのヒールにすることや上質なニットを合わせるといったように、“あえてこのラフ感を演出しているんだよ”って感じのコーデにするとオバさんっぽく見られなくなります」(30代女性・カジュアルアパレルブランド)

季節に合わせた色をつかって、オシャレを楽しむように心がけましょう!

 

■2、地味色のタイトなタートルネックを着ている

年配の方が派手な色の服を好む一方で、わたしたち世代は比較的地味な色を着ることが多いかと思います。タイトなタートルネックを着るときは組み合わせる服に気をつけたほうが良さそうです。

「ぴったりめのタートルネックは、合わせるアイテムによってオバさん感が出てしまうので気をつけましょう。大ぶりのアクセサリーを付けるとか、ベルトで腰の位置をマークするとか…首元がゆるっとしたものだと、それが解消できるのでおすすめです」(20代女性・ファミリーアパレルブランド)

タイトなタートルネックは、どこかレトロな感じが漂うので合わせるアイテムに注意したいところですね。

 

■3、靴下とスニーカーで常に出かけている

つい、歩きやすいからと毎日靴下とスニーカースタイルになってしまっていませんか?レディな女性は、ヒールのあるパンプスをしっかり日常的に履いておきたいところです。

「毎日スニーカーだと、女性というよりは主婦感が出てしまうんじゃないでしょうか。スポーティーな服装の日を作って、その日にスニーカーなら違和感はないですが、服装に関係なくスニーカーを履いてしまうと一気に老け込んだ印象になってしまいます」(30代女性・ファッションブロガー)

 

 

いかがでしたか?自覚はないけれど、ついオバさんっぽい服装、NGファッションをしてしまっている可能性があるかと思います。この3つのポイントに気を付けて、毎日のオシャレを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

(きえお/ライター)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

自分を変えてモテるようになりたい!今の自分からどう変わればいいのか分からない!

そんなときは専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから