恋愛において大きな障害、それは二人の距離。心だけではなく、物理的な距離もです。

遠距離恋愛は辛いです。大変です。ほとんどの人は、遠距離恋愛はとても大変なものだと知っていると思います。しかし、それでもいい、遠距離でもいいから付き合いたい、という人もいますよね。

これから遠距離恋愛をする人に、これから遠距離恋愛をする前に、覚悟しておいてほしいことを伝えます。

%e4%bc%9a%e3%81%88%e3%81%aa%e3%81%84

 

会えない

当然のことですが、彼に会えない。これに付きます。会いたいと思っても気軽に会うことはできません。相手との距離にもよりますが、3か月に1回会えればいいほう、超遠距離だったりすると1年に1回会うことすら厳しい場合もあります。

年末年始やバレンタイン、夏祭り、クリスマス……。街がカップルで溢れ、テレビや雑誌もカップル向けイベントの特集を連発している時も、恋人と一緒にいられません。彼とどこどこへ行ったとか、そういうことをツイッターやfacebookに書き込むこともできません。

遠距離恋愛中は、恋人がいるのにそれを実感しにくくなります。もちろん、彼と頻繁に触れ合いたいタイプの人には全く向いていません。

 

お金が掛かる

たまに会うことができても、とてもお金がかかります。高速バスや新幹線のチケットの値段は結構痛いです。高速バスや新幹線で会える距離ならまだマシで、飛行機で会いにいかなければならないという可能性も。

お互いお金に余裕があれば良いのですが、そうでない場合はたまのデートの際の交通費は大きな負担になります。将来結婚を考えているなら、その資金の貯蓄も難しくなってきます。

 

浮気のリスク

%e6%b5%ae%e6%b0%97

遠距離恋愛では、毎日ラインで会話したり、スカイプなどでビデオ通話をすることも可能ですが、気軽に直接会うことはできません。ラインやスカイプでのコミュニケーションだけなら、お互いいくらでも嘘をつくことができてしまいます。

もしかしたら、知らぬ間に現地で新しい恋人やセフレを作っているかもしれません。でも、実際彼に会えるわけではないし、彼の部屋にいくこともできないし、相手は浮気しようと思ったらいくらでもできます。

特に、引っ越しや転勤で遠距離恋愛になってしまった場合、環境が変わることで新しい出会いもたくさんあるわけですから、ただでさえ浮気し放題な状態なのに、さらに浮気のリスクが高まります。

しかし、それは相手だけではありません。恋人になかなか会えないことで、自身が他の男性に目移りしてしまうことも考えられます。遠距離期間が長いと、心の距離もどんどん離れていってしまいます。

 

 

もちろん、全ての遠距離カップルがこうだというわけではありません。お互いにとても愛しあっていて、どんなに離れていても相手のことを想い、愛し、愛されることができるなら、たとえ相手が地球の裏側にいても、どんなに遠距離の帰還が長くても、結婚して幸せな生活を送ることができるでしょう。実際に、長い遠距離恋愛の末に結婚したという夫婦もたくさんいます。

 

ですが、近場に住んでいたのに遠距離になってしまったカップルは別として、最初から遠距離の相手との恋愛は特におすすめしません。今では婚活サイトやSNSなどを介して出会い、恋愛に発展することも多いですが、最初から遠距離の相手とは金銭的、精神的な負担もあり、破局しやすいです。

 

それでも好き、という気持ちがあるのなら、遠距離恋愛の難しい所やリスクを知っておき、それに対してどう対処していくかを考えながら、うまくいく方法を模索していきましょう。

 

 

(東雲ほたる/ライター)