冬は恋愛が盛り上がるイベントが目白押し。クリスマス前は恋人が欲しい!という気分が高まる人も多いため、カップル成立までは比較的うまく行くという人も多いでしょう。

でも、バレンタインが終わるころはなぜか恋も終わってしまう……。毎年、そんな短い恋愛を繰り返しているあなたにはこんな傾向があるかもしれません。

%e8%87%aa%e5%b7%b1%e4%b8%bb%e5%bc%b5%e3%81%8c%e4%b8%8b%e6%89%8b%e3%81%aa%e5%a5%b3

 

自己主張がヘタ

頑固すぎたり、なんでも彼に合わせたりと、極端な態度を取っていませんか?

カップル間で意見が合わないのはよくあることですが、自己主張がヘタだと「俺たち合わないかもね」と、サクッと切られる原因に。

何をするにも頑固なこだわりがある女も面倒ですが、口では彼に合わせていても、楽しんでいる雰囲気が見えない、態度の端々からつまらなそうな雰囲気が出ている女も男から見て「一緒にいるのがキツい」存在です。

自分が何をしても響かない、喜んでくれない女がつまらない女に見えるのはもちろん、彼に合わせる態度を取りすぎると「俺、なにか(結婚など)期待されてる?」「なんかちょっと重い」と彼を及び腰にさせる原因にも。

「どうしても譲れないこと以外は2人で話し合ってもいいし、彼に譲ってもいい」くらいのさじ加減でいるほうが無理なくおつきあいが続くはず。

 

%e3%82%a4%e3%82%a4%e5%ad%90%e3%81%ab%e8%a6%8b%e3%81%88%e3%82%8b%e5%a5%b3

 

「いい子に見える」ことを追求している

やたらと「いい子」でいようとするのも恋が続かない女にありがちな傾向です。

付き合いだしてしばらくは「優しい子だな」と思われていますが、なにを聞いても当たり障りのないことしか言わないので「つまんないやつ」と飽きられがち。

彼が何かしてくれても「ありがとう!」より「悪いからいいよ」と遠慮が先に出たり、行動基準が「自分がこうしたい」より「いいコに見られたい」になると危険です。

本人の「素」が見えない女はいいコに見えても「わざわざこの子と付きあう意味ある?」と思われます。常識的な人である必要はありますが、「つまらない女」になるほど自分を抑える必要はありません。

 

それでいて失礼

%e5%a4%b1%e7%a4%bc%e3%81%aa%e5%a5%b3

彼の前ではいい子なのに「店員など他人に対して冷淡」「言葉の端々に人を見下した表現がある」などちょっとしたところが失礼なのも恋がすぐ終わる女の特徴。

いい子に見られたい、愛されたいからと自分で第一印象を上げているだけに、付き合いが深くなった頃に「裏表があるのでは?」と思われるようなボロが出ると「なんだ、大したことない女じゃん」と余計に失望されてしまいがち。

イベントシーズンの終わり、テンションの降下とともに彼の恋心もさめてしまいます。彼に気を遣うあまり、それ以外の人には気が抜けた瞬間に雑な対応をしていないか、変な敬語など無意識のうちに失礼な言葉遣いをしていないか、振り返ってみましょう。

初対面でいいコに見える女ほど、ふとしたミスで「裏表すごいな」と失望されやすいですよ。

 

 

イベントシーズンと同時に終わる恋は、彼があなたをイベント要員としてカウントしていたからとは限りません。

第一印象はすばらしくよかったのに、本当にそれだけだった、そんな失望を彼に抱かせていたのかもしれません。

「ムリのない、普通の態度」こそが恋を続かせるキモです。彼の顔色をうかがいすぎず、素の自分を見せることも大事です。

 

 

(中野亜希/ライター)