2017.1.4

出会いの場として欠かせない合コンですが、幹事をやったことがあるという人は少ないことでしょう。

なんだか面倒なことが多そうなイメージ、ありませんか?実は、「合コンで幹事をする」ことによって手間以上にメリットがたくさんあるのです。

そこで今回は、実際に合コンの幹事経験のある女性数人にインタビューしてきました。

どんなメリットがあるのでしょうか。早速チェックしていきましょう。

%e5%90%88%e3%82%b3%e3%83%b3

 

■“幹事”というだけで印象がアップした!

合コンの幹事さんと聞いて、どんな印象があるでしょうか。

気さくで話しやすくて気が利く…といったように、マイナスイメージってないと思うんですよね。

実際に幹事をやった女性たちは、幹事というだけで印象がかなりアップすると言います。

「幹事というだけで、最初の印象がグッとあがりますよ。話がまだまだ煮え切らないときも、幹事に話がふられることがあるので…男性陣と女性陣の橋になる感じで、たくさんパスがきますし」(20代女性・受付嬢)

幹事であるということそのものが、合コン開始以前にステイタスになっているということがわかりました。

 

■幹事だから、「連絡先ゲット」が確実に出来る

幹事は、参加メンバーと連絡を密にする必要があります。

参加者だと、気になる男性の連絡先をゲットすることが難しいですが、幹事であるからこそスタートの段階ですでに相手の連絡先をゲット出来ている場合が多いとのこと。

「メンバー選定したときにすでに相手の連絡先は交換しちゃってます。LINEでグループ作って情報共有するので!とか言えば、簡単にID交換してくれますから。結果、誰よりも先に連絡を取ることが出来ますし」(20代女性・会社員)

どうしても男性の連絡先をスムーズに手に入れたいと思ったら、幹事を務めてみると良いでしょう。

 

■自分が気になる男性陣を集められる

せっかく合コンにお呼ばれしたけれど、メンツを聞いて好みじゃない…という悲しい事件に遭遇した経験はありませんか?

自分が気になる男性陣を集めることが出来るのが幹事の特権なんだとか!

「たとえば、公務員がいい!とか銀行員がいい!とか…好みって人によって分かれるので。自分がいいなと思う人達との合コンを設定できるのがなによりのメリットかなと思いますよ」(女性・匿名希望)

確かに、自分の好みの男性を集められるというのは幸せなことですよね。

 

おわりに

いかがでしたか?

まさか自分が合コンの幹事なんて…できない!と諦めてしまわずに、挑戦してみませんか?

素敵な出会いを設定でき、自分が理想とする男性の連絡先を自然にゲットできちゃいますよ!

 

(きえお/ライター)