marriage-1341525_960_720
2017.1.6

三十路前に結婚するなら、以下の3つのポイントにこだわりすぎないことが大切です。結婚するにはどうしたらいい? と思ったら、こだわりが強すぎていないか、確認してみましょう。

list-820967_960_720

ポイント1:相手の収入ありき

婚期を逃してしまう女性の特徴には、相手の収入にこだわりすぎるというのがあります。もちろんご両親からも収入が良い人と結婚を……とすすめられることもあるでしょう。しかし一般的なサラリーマンでも今は平均年収が400万円台という時代です。かつて重要視されていた結婚のポイントとは異なってくるといえるでしょう。

今は共働きで一緒に家計を支える意思のある女性のほうが、男性にとってもありがたいと思えるでしょう。そこで新たなポイントとして家事ができる男性かどうか、ということがあげられます。今、収入がよくてもいつリストラや事業縮小などがあるかもわかりません。収入だけにこだわらないほうがよいでしょう。

 

ポイント2:条件が多い

収入の点とも関連しますが、結婚相手に望む条件が多すぎても婚期を逃してしまうことになります。かっこよくて、優しくて、休日にはどこに連れていってくれて、洋服のセンスもあって、自慢できる人で……、と考えるより一緒に生活ができるかどうかを考えてみることをおすすめします。

恋人の時の条件をクリアしたとしても、だんなさんとして良いかどうかというのは別の話になります。なぜなら生活はデートと全く違うからです。実際の生活において合わないと思うことがあれば、どんな条件の人でも結婚生活をおくることが難しくなるでしょう。

そのため目先の条件に目を向けるのではなく、生活ができる人かどうかという点で選んでみるとよいでしょう。多少の条件がそろわなくても、一緒にやっていく覚悟がある女性のほうが結婚する時期も早めになるでしょう。

 

ポイント3:自分の世界に固執

未婚の男性にも言えることですが、趣味やこだわりが強い人は三十路までの結婚が難しくなる傾向があるでしょう。自分の世界を壊したくない、マイペースで生きたいという人もいると思います。しかし、ゆくゆく結婚したいと思うのであれば、自分の世界を理解してくれる相手を探しておくほうがよいですね。

しかし三十路までというゴールがある場合には、探す時間が短い場合もあります。三十路までに結婚できる人は、趣味などに費やしていた時間やお金を、誰かのために使うように気持ちの切り替えを行っている人も多いと思われます。

最初は相手に理解されなかった趣味が、将来的に理解してもらえるようになると、一人よりも二人で倍に楽しめるということもあります。まずは自分の世界を貫き通すというよりも、同じ空間を共有してもよいと思えるパートナーを見つけるようにしましょう。

 

今ではゴールを決めずなんとなく婚活をしている人もいますが、三十路前というゴールに向かって行動をしていけば集中できるメリットがありますね。こだわりを捨てると、結婚へのハードルも下がり自分が苦しまないことにもなります。ぜひ幸せな結婚に向けて一歩を踏み出してみましょう。

(西園寺さくら/ライター)