%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%b3
2017.1.10

結婚したいけど相手がいない。

そんな場合、出会いを求めて行動し、知り合った相手を結婚に相応しいかどうか見定めていくと思います。

可能性がありかなしかで考えていったとき、イケメンを外してしまう方が多い。

なぜなら、ライバルが多いし、自分のことなんて眼中にないだろうと思ってしまうからです。

でも、意外とそんなことはありません。

臆することなくイケメンを選び、トントン拍子で結婚までたどり着いて言った女性も数多くいます。

今回は、男性心理について多くの取材を重ねている筆者が、働き女子がイケメンを選ぶと結婚がすんなり進む理由をご紹介します。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%b3

 

■1:初めから尻込みしてしまうから

周囲を見回してみてください。「見た目がイマイチな男性が、なんでこんなキレイな女性と」と思うことがあるはずです。

逆に、イマイチな女性が、容姿の優れた男性を連れていることはまれです。

なぜこのような現象が起きるのかといえば、それは男性はダメもとでアタックを続けるからです。

逆に、女性は外聞を気にするため、そこまで積極的にはなりません。

でも結局、成功する可能性は一緒。行動するかしないかです。

働き女子であれば、もし失敗しても仕事に打ち込めばいい。

自分のなかの恋愛の占める割合が低いぶん、傷つくことも少ない。

だから、気になったら臆せず果敢にアタックすべきです。

 

■2:恋愛に疲れている

イケメンには多くの女性が近付いてきます。

もちろん、それは男性だって嬉しい。なかには自分の好みの女性もいて、交際に発展することもあります。

でも次第に、相手の愛情の底の浅さを感じ始めます。

所詮、見た目で選んだものは、アクセサリーと一緒。自分の価値を高めるための、アイテムでしかないと気付くのです。

着飾ることに夢中な女性ではなく、仕事で自分を磨き、内面から輝きを放つ働き女子にこそ、イケメンは強い憧れを抱きます。

案外、相手のほうが、あなたに近付きがたいと思っているかもしれません。

 

■3:イケメンは頭がイマイチ

もちろん、イケメンにも優秀な人はたくさんいます。

でも、傾向として、勉強に関してはできない人が多いです。

人間形成において、思春期をどう過ごしたかが重要な意味を持ちます。

そのころの男子を突き動かす衝動といえば“女子にモテたい”という欲求。

女子に人気があるのは、やはり容姿の良さ。次に、スポーツ。次が面白さ。最後に学力となります。

イケメンにとって、勉強はほど遠い存在なわけです。

おろそかにしていた勉強が、今になって響いているイケメンは多い。

そんな男性は、働き女子である、あなたのような仕事で能力を発揮している女性を求め、伴侶として迎えたいと考えています。

 

■4:認識の相違

「イケメンすぎて話しかけられない」と思っている相手がいるかもしれません。

でも、果たしてそれは正確な認識でしょうか。

ひとりよがりな感想になっている可能性もあります。

自分がイケメンだと思っていても、周りからの評価はまるで違う場合が往々にしてあります。

でも、イケメンというカテゴリーで捉えてしまいましたが、それは好意であることには変わりありません。

女性の感覚は、男性にくらべてかなり鋭い。好意を持った相手との相性は、本当にいい場合が多いです。

ですから、声をかけないのはもったいない。

まずはあなたの存在を、鈍感な男性に気づかせてあげてください。

 

■おわりに

いかがでしたか?

仕事が忙しくて時間がないことも、結婚においてそれほどマイナスにはなりません。

働き女子こそ、イケメンとの相性がいい。

ただ、見た目がいいぶん、ほかの能力が欠けていることがあるので、その点は補い合っていけるといいですね。

 

(斎藤奈々子/ライター)