2月と言えばバレンタインデーですよね。

これを機に、密かに想いを寄せる彼にチョコレートを渡そうと考えていませんか?

しかしどうやって渡そうか・・・と悩んでいる女性のために、上手なチョコレートの渡し方をレクチャーしましょう。

%e3%83%90%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%b3%e7%9b%ae%e5%89%8d%ef%bc%81%e4%b8%8a%e6%89%8b%e3%81%aa%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%b3%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%ae%e6%b8%a1%e3%81%97%e6%96%b9

 

ポイント1.彼の行動パターンを把握する

バレンタイン当日、チョコレートを上手に渡すためには準備が必要です。

それが、事前に彼の行動パターンを把握しておくこと。

彼が当日にどのように過ごしているのかをある程度分かっていれば、いつどのように渡せば効果的かも分かるというものです。

特に当日が平日パターンの場合は、このポイントが非常に重要になるでしょう。

逆に休日の場合など、当日の行動を把握することが難しいのであれば、遊ぶ約束をするのも一つの手です。

 

ポイント2.他人に見られないようにする

本命チョコを渡すというのは、告白するのと同じだと考えて良いでしょう。

つまり上手なチョコレートの渡し方というのは、告白するようなシチュエーションだということ。

周囲に知り合いが居るところで告白する人は居ませんよね。

チョコを渡すタイミングを考えるなら、必ず他人に見られない状況に絞りましょう。

そして彼の行動パターンを把握していれば、ある程度候補が浮かぶはずです。

どうしても分からない場合は、LINEなどで呼び出すことも考えましょう。

当日彼が在宅しているのであれば、家の近くへ赴き、外へ出てきてもらうよう伝えるというのも効果的です。

 

ポイント3.直接渡せるなら手渡しが一番

漫画などではよく、チョコを彼の下駄箱に入れておく・・・なんてシチュエーションを目にしますが、現実ではあまり有効とは言えません。

男性側にとっても、チョコが置かれているより直接渡された方が嬉しいからです。

告白として考えてみても、より気持ちが伝わるのはどちらか明白ですね。

ただし、どうしても勇気が出ないという方は、手書きの手紙を添えるのも一つ。

間違っても、誰のチョコか分からない・・・という状況にはしないようにだけ注意しましょう。

 

チョコを渡す時は絶好の告白タイミング

本命チョコを直接渡すことは告白に近いというものの、渡すだけでは一方的ですよね。

その彼と付き合いたいのであれば、必ず返事を貰わなければなりません。

ホワイトデーに彼が返事をくれる可能性もありますが、最低一ヶ月モヤモヤしたままでは精神的にも良くないでしょう。

渡すついでに告白した方が気持ち的にスッキリするのでおすすめ。一途な想いはきっと彼に伝わると思います。

 

(水林ゆづる/ライター)