2017.2.22

こんにちは、恋愛カウンセラーの森野ひなたです。

毎日顔を合わせるパートナーだからこそ、お互いに優しく在りたいですよね。

「一刻も早く帰宅したい!」そんな風に思われる癒しのお嫁さんでいたいもの。

そこで今回は、“夫に癒しを与える方法3つ”をお伝えします。

%e5%a4%ab%e5%a9%a6

 

■1、時間をプレゼント

多くの男性にとって、仕事は戦いのようなもの。

戦い終えて帰宅した旦那さんは『明日のジョー』のラストシーンのようにぐったりしていたり、テレビをボーッと見たりしていることも。

こんな時に「テレビ見ているヒマあるなら、お風呂洗ってきてよ」など言ってしまう女性は少なくありません。

働きながら家事もしている奥様なら尚更、手伝ってほしくなってしまうのは当然です。

しかし、男性の帰宅してからのボーッとしたりする時間は、『仕事脳から家族脳への切り替え』のいわば“リラックスするために必要”な時間なのです。

旦那さんの仕事の繁忙期やストレスや疲労が溜まっていそうなときは、ぜひ【時間をプレゼント】するつもりで、“夫がひとりで過ごしたそうなときは放っておいてあげる”を実践しましょう。

 

■2、マッサージ

日々のお仕事で、肩や腰に疲れが蓄積している男性は多いです。

お風呂あがりのマッサージはとてもオススメです。

夫婦のコミュニケーションにもなりますし、何より“手で肌を触られる”のは癒し効果抜群です。

「いつもありがとう、おつかれさま」と感謝を伝えながらのマッサージがオススメ。

 

■3、好きなものを用意しよう

ご飯はできるだけ、彼の好物を用意しましょう。手料理が得意な方は手料理を。

手料理が苦手な方や、共働きで凝ったものを作る時間がない奥様は、彼の好物のお惣菜やオヤツ、お酒などを買ってきても良いと思います。

大切なのは彼が「オレの好きなものを考えてくれている」と感じ、あなたの真心が伝わることです。

 

■おわりに

いかがでしたか?

夫婦に限らず、恋人同士でもご活用いただけると思います。

ぜひ、取り入れてみてくださいね。

 

(森野ひなた/ライター)