寒い日は何枚も服を着こんでしまうけど、着ぶくれして正直ダサい…。防寒とお洒落を両立するためのポイントは?

%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%81%e3%81%ab%e5%ba%a7%e3%82%8b%e5%a5%b3%e6%80%a7

 

寒いけどお洒落もしたい!

まだまだ春は遠く、寒い日が続きます。服も露出少なく完全ガード、インナーを着こみ過ぎてモコモコ着ぶくれ、ぶっちゃけお洒落がどうとかファッションとか気を使ってられないですよね…。

部屋着やちょっとスーパーへ買い物に行く程度ならそれでもいいかもしれませんが、デートの際にそれは避けたいところ。

スキーに行ったりするのでなければ、この時期は基本屋内デートでしょうが、それでも街中を歩く時は冷たい空気が体を震えさせます。

寒いけどお洒落もがんばらなくちゃいけない時のポイントは?

 

機能性インナーは必ず着用!

何枚も分厚い服を重ね着すると太って見えてしまうので、薄いあったかインナーを活用しましょう。お値段は張りますが、量販店のものよりアウトドアブランドのものの方が暖かいです。

タイツや靴下も保温性や発熱性のあるものを選んでおきましょう。

さらに、腹巻きやインナーパンツもプラスするとより暖か。最近は服に響かない薄手の腹巻やインナーパンツがあります。

 

カイロを貼って温める

服を全部着てしまう前に、貼るタイプのカイロを仕込んでおきます。

特に温めると有効なのがお尻の少し上にある仙骨と、お腹のへそから指3本分ほど下にある丹田という部分。この2か所にカイロを貼っておけば効率よく体を温めることができます。

長時間カイロを貼ったままにして低温やけどにならないよう注意しましょう。

 

アウターは暖かい素材を

アウターの下に、薄手のダウンジャケットをプラスすると暖かく、着ぶくれもしにくいです。アウターは、ウールなど暖かい素材のものを選びましょう。

寒さ対策という点で優れているのはやはりダウンコート。ダウンジャケットやダウンコートの場合は、ダウンの使用量に注目。ダウンコートにはダウンとフェザーが使われていますが、ダウンの量が多いものほど暖かいです。

 

3つの首を冷やさないようにする

足首、手首、首は皮膚が薄く冷えを感じやすい場所です。この3つを冷やさないようにすることで、血行がよくなり体も温まります。必ず靴下やタイツを着る、手袋をする、タートルネックやハイネックの服、マフラーなどで足首、手首、首を冷やさないようにしましょう。

 

冬小物を活用する

マフラー、手袋、ニット帽、ニーハイブーツやムートンブーツといった、冬ならではのファッション小物を活用しましょう。冬のお洒落を楽しみながら防寒もできて一石二鳥!

 

(東雲ほたる/ライター)

 

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

自分を変えてモテるようになりたい!今の自分からどう変わればいいのか分からない!

そんなときは専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから