秋冬に欠かせないタイツ。タイツにも、実はタイツにもモテるタイツと非モテなタイツがあるんです!

%e5%a4%96%e3%82%92%e8%a6%8b%e3%82%8b%e5%a5%b3%e6%80%a7

 

モテるタイツと非モテなタイツ?

秋冬ファッションに欠かせないタイツ。スカートやワンピースを着るなら必須のアイテムですよね。

何気なく履いているタイツですが、タイツにもモテるタイツとそうでないタイツがあるんです。

ポイントはデニール数

女性にとっては常識ですが、タイツにはデニール数というものがあります。デニールとは糸の太さを表したもので、デニール数が大きいものほど糸が太い=厚いタイツです。もちろんデニール数が大きく、厚いタイツほど暖かく防寒性があります。

一般的に量販店などの店頭で見られるものは、20デニールから110デニールのもの。

タイツは基本的に秋冬に履くことが多いため、80デニールを選ぶ人が最も多いのではないでしょうか。実は、このタイツのデニール数が、モテと非モテを左右するんです。

 

60~40デニールが◎!

タイツは寒さ対策のために履く場合が多いので、デニール数が大きいものを選びがちですが、デニール数が大きく分厚いものは、男性からは色気がなく野暮ったく見えてしまうようです。

寒い日は110デニールや120デニールの分厚いタイツを履きたくなりますが、男性ウケという点では×。

しかし、薄ければ良いというわけでもなく、30デニール以下(細かく分類すると、30デニール以下だとストッキングの扱い)になると、逆にセクシーすぎて引いてしまうという人も多いです。

最も男性ウケがいいタイツは、60~40デニール。60デニール以下なら、透け感が出て程よい色気を出すことができ、脚も細く綺麗に見えます。屋内中心のデートの場合や、少し暖かい日は、60~40デニールのタイツがおすすめ。

柄入りやカラータイツは△

ストライプや水玉、アーガイルなど柄の入ったタイツもありますが、女性から見るとお洒落でも男性からは不評。カラータイツ、タトゥータイツやニットタイツなども同様です。

シンプルなタイツよりアクセントになってお洒落な気もしますが、モテを意識するなら無地でシンプルな黒タイツが一番でしょう。

 

おわりに

まだまだ毎日お世話になるタイツ。モテ意識したいなら、シンプルな黒の60デニールがベスト!

 

(東雲ほたる/ライター)