3月14日といえばホワイトデーですよね。

2月14日のバレンタインデーで女性からチョコレートをもらった男性が、そのお返しをプレゼントする日です。
いわゆる本命チョコを渡した男性がいるのであれば、その男性からのお返しはどうしたって期待してしまうものでしょう。

男性の視点に立つと、ホワイトデーのお返しには、自分の想いがそのまま反映されやすいものです。
つまり、好意を抱いている女性へのプレゼントには、お金をかけている傾向が高いということですね。

 

■金額は目安だけじゃない!想いは値段に表れる

好きな人からチョコをもらえると、男性は嬉しい反面、それから1ヶ月の間大いに悩むことになります。
嬉しいことは嬉しいんですけど、一方でどういうプレゼントを渡せば喜んでもらえるのか。自分の気持ちを理解してもらうには何を渡せばいいのか。

この2点で主に頭を抱えることになります。
傾向は女性1人ずつ、微妙に異なりますからね。

いかに普段から相手の好みに理解が及んでいるか、自分の知識と熱量が試されるというわけです。

でも、ピンポイントで相手の心を射止めるプレゼントをお返しするなんて、なかなか難しいんです。
そういうときは無難に、安全策をとるのが男性というもの。

その無難のラインになるのが、金額です。
やっぱり好きな女性にホワイトデーのプレゼントを贈るんなら、値段をどうこういってる場合ではありません。

安過ぎず、かといって受け取っても気分的に重過ぎないようなアイテムをチョイスするのが、男性の間ではマストな選択という認識で一致していることがほとんど。
「いや、そんなことないし」という男性もたまにいますけど、こういう男性はそもそもバレンタインで好きな女性から本命とおぼしきチョコをもらっていないのでそれも当然です。

実際にそういう立場になったら、誰もがお金に糸目は付けません。

 

■欲しいものについて聞かれたら、素直に教えよう!

僕なんかもそうなんですが、ホワイトデーのお返しに窮した際に、相手に「何が欲しい?」と直接聞いちゃう男性というのもいます。
無粋な話ですが、こういう男性はサプライズ性より、確実に喜んでもらえるアイテムを渡すことを目的にシフトしているということですね。

新鮮味はないでしょうが、男性も失敗したくないんです。必死なんですね。

ですので、もしもこういう質問をホワイトデー前にそれとなくされたら、そのときは遠慮なく、今一番欲しいものを教えてあげましょう。
これで男性も喜びますし、ホワイトデーには高確率でそれが手に入るので、お互いにメリットがあります。

年に一度のホワイトデー。男性に粋なプレゼントをさせてあげてください。

 

■おわりに

ホワイトデーの一般的なお返しアイテムといえば、お菓子だったりするんですけども、そういうものだけではなかなか相手の気持ちにガツンと響かないのではないかと考える男性もいます。
今回取り上げた話に登場する男性は、きっと皆さんの周囲にもいるはず。

こういう男性ともしも結ばれたら、折に触れて欲しいものが手に入るチャンスに恵まれるのかもしれませんね。

(松本ミゾレ/ライター)