最近ではクリスマスの過ごし方も多様化してきていますが、
でもやっぱり恋人と二人きりで過ごしたいものです。
同性の友人たちと集まってパーティーをするのも、決して悪くはないんですけど、
「アタシは、ここでこんなコトをしてていいのか?」
という疑問を自分に投げかけてしまうかもしれません。

孤独な聖夜を迎えて後悔するよりは、
これからの約1ヵ月で『短期集中恋活』をするのが賢明でしょう。
「1ヵ月しかない」ではなく、「まだ1ヵ月もある」と考えて、前向きに行動していけば、
胸がときめくデートが実現するはずです。

lgf01d201401061800

とにかく積極的に!

「待ち」に徹するなんて、あり得ません。
狩人になったつもりで、ガツガツいきましょう。
ゴールを1ヵ月後のクリスマスに設定して、逆算しながら計画を立てるのです。

なんとなくの感覚で、「どうにかなるさ」とは考えないように……。
できるだけ具体的なプランを作っておくと、
うまくいかない場合も早期対策、即行動できるはずです。

片想い中の人は、彼が誘ってくれるかも? という期待は持たず、
自分から距離を縮めていきましょう。
主体性を持って動かないと、1ヵ月という短い期間では交際までたどり着けないかもしれません。

すでに、何となくでもイイ感じといえる雰囲気が生まれているなら、
クリスマスには二人きりのデートを望むべきですし、
まだ知り合ったばかりであれば、クリスマスに告白するくらいの感覚を持つと良さそう。

好きな人がいない場合は、とにかく街コンや合コンなど、出逢いの場へ足を運んでください。
また、男性との出逢い方にはこだわらないことが大事。
お見合いパーティーへの参加を恥ずかしいなんて考えちゃいけません。
周囲にも「合コン誘って」「誰か紹介して」と言って、出逢いやすい環境を作ります。

 

どんな彼氏がほしいか決めておく

出逢いの場には行くんだけど、二人きりのデートにはなかなかつながらない……という時、
「どんな男性をゲットするか、決まっていない」可能性があります。

心が動いた時に恋は始まる……! なんて成り行き任せにはしないで、
条件を箇条書きにして3つくらい挙げておき、そこに当てはまる男性を探すと良いでしょう。

たとえば、「性格穏やか」「顔そこそこ」「安定した職」など。
初対面でピンと来なくても、条件に見合う男性とはとりあえず連絡先を交換して、
後から吟味するのもアリです。

ただ、この場合、男性の条件をたくさん挙げすぎないことが大事。
理想が高いと当てはまる人物が限定されてしまいますから。多くても5つまでにしておきましょう。

 

「クリスマスだからといって、慌てて彼氏を作る意味があるのか?」

そんな疑問が、もしかすると湧き上がるかもしれません。
無意識のうちに焦りを覚えて、恋活を否定してしまう可能性だってあるのです。
それに確かに、一人ぼっちのクリスマスはイヤだからと、
どうでもいい男をつかまえても意味はないといえます。

もし、一生懸命に頑張っても彼氏ができそうにないと感じた時は、
年明けまでイイ人ができればいいか、と着地点を先延ばししても良いんじゃないでしょうか?
それを「彼氏ができない言い訳」にしないなら、
先延ばしは一度きりと決めて計画を立て直し、ゴールまで全力で突っ走りましょう。

焦っても無茶はしないことが大切です。

【Photo】 PHOMONA

恋愛相談

周りに言えない恋、片思い、社内恋愛、不倫・浮気、性の悩み。ちょっとした疑問でもOK!

他のユーザーや恋愛の専門家が回答してくれます。恋愛相談をお待ちしています!

恋愛相談はこちらから